月別アーカイブ / 2019年06月

65079888_1138166203060584_6335856096300761088_n.jpg


【街の不具合をLINEで簡単に送ろう!】ガードレールが壊れてるとか、公園の遊具が壊れてるとか、街灯の電気が切れてるとか、街の不具合があれば写メをLINEで送ってください。選択肢を選ぶだけなので、文字を入れる必要はありません。(←ここがポイント)すぐに区役所などの担当部署にダイレクトに情報共有して対応します。みんなで街を見守って、早期発見、早期対応!

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/social/line.html

そしてもう一つ、コンビニで粗大ゴミ処理券を買わなくても、粗大ゴミの申し込みから支払いまで全てスマホで完了する全国初のチャレンジも始めます。まずは7月から中央区でスタートして改善点などを洗い出して、新年度には全市でサービスを始める予定です。

テクノロジーが進化して、みんなスマホを持つようになって、キャッシュレスも進んでいます。スタートアップシティ福岡としては、日本一便利な市民サービスを提供できる街を目指して、これからも民間とのコラボをガンガン進めてチャレンジします!

それにしても最近のLINE FUKUOKAの勢いはすごいなあ。福岡市のいろんなイベントにも積極的に参加していただいて有難いし、サービス部門とエンジニアサイドが一丸となってる感じ。
福岡市発のサービスをどんどん全国に広げて、日本のsmart city化の推進エンジンになって欲しい!


福岡市長高島宗一郎

あとおよそ10日で飾り山笠の公開。博多祇園山笠振興会の直会は必ず水炊き。
櫛田神社、筥崎宮、東長寺、承天寺と、神様と仏様が一緒に火鉢を囲む。
勇壮かつ安全に山笠を奉納するために、神社もお寺も、警察署長も代議士も、自営業もサラリーマンも地域のおいさんも。みんなで一緒に水炊きを囲むこの会が大好き!
FB_IMG_1561023752701.jpg
福岡市長高島宗一郎

【平時のうちに備えを】東日本大震災や熊本地震で災害を経験された皆さんや献身的に支えた関係者の声を福岡市の職員でヒアリングして、防災や万が一の避難生活の際のポイントをまとめたハンドブックがあります。他都市の皆さんにもとても好評ですので、もし新潟や山形に知り合いがいらっしゃる方がいらっしゃればシェアしていただければと思います。そしてもちろん市民の皆さんも、ぜひ平時からダウンロードして、万が一に役立てられるようにしておきましょうね。

①女性の視点を活かした防災ミニブック
②マンション防災減災マニュアル
③避難生活ハンドブック

これから一週間ほどは最大震度6程度の地震に注意が必要です。また熊本地震の避難生活では、建物の倒壊など、地震による直接的な被害で亡くなった人数よりも、震災関連で体調が悪くなるなどして亡くなった人数の方が4倍も多かったのです。ということは、避難生活に備えることがとても重要。

これらは電子書籍としても無料でダウンロードできます。

FB_IMG_1560903685500.jpg

↑このページのトップへ