月別アーカイブ / 2017年10月

22853176_735433840000491_8613717831767560948_n.jpg
22813962_735432163333992_4190533187435787137_n.jpg

「犬猫パートナーシップ制度」という新しい制度を作って、協力ペットショップを認定します。
そのココロは①ペットショップに行く前に譲渡会に来て欲しいということ②市民の皆さんがペットショップに行く際は、ただ小さくて可愛いうちに売ればいいというお店でなく、人とペットという命を預かる責任をより果たしていただけるペットショップに行って頂きたいということです。
具体的には、ペットショップに行く前にまずは犬や猫の譲渡会に来て欲しいので、知る機会を増やすためペットショップ自体に譲渡会の案内をしてもらうことや、必ずマイクロチップをつけて登録してから販売すること。そして終生飼育の誓約や、販売前に飼い主にその責務についての講習をして頂きます。さらに誕生日だけでなく、生後50日にあたる日を必ずお客さんの見える位置に明示して、それ以降の販売を守って頂きます。販売店にとっては決して軽いものではありませんが、だからこそこの制度に参加して下さるお店を、福岡市としても推奨していきます。個人的には国として犬猫の生体展示販売自体が基本的に無くなる一里塚になればと思っています。
福岡市としてはこれまで、
・動物愛護センターに犬猫を連れて来ても簡単には引き取らず、しっかり説得する
・市内2カ所の動物愛護センターのうち、一カ所は命の教育専門の施設にした
・殺処分を無くす方向性を明確にした
・病気などでやむを得ず殺処分せざるを得ない場合でも、苦しみを無くすために炭酸ガスではなく注射へ
・譲渡もできない生まれたばかりの子猫はミルクボランティア制度をスタートして、フードを食べられるようになってから譲渡会へ。
こうした取り組みで実質的に犬の殺処分はゼロになっていますが、猫はもう一歩の頑張りが必要です。
ミルクボランティアを引き受けて頂ける方は是非ご一報下さい(福岡市生活衛生課092-711-4273)。
新制度はこれからペットショップへの呼びかけを始めて、新年度スタートです。
#どうぶつ愛護フェスティバル
#犬猫パートナーシップ制度
#犬 #猫 #殺処分ゼロ
#ペットショップ #命

福岡市長高島宗一郎


北朝鮮情勢が緊迫する中、不安を感じている市民の方も多いと思います。
福岡市全域で緊急速報メールを訓練で配信します。マナーモードにしていても音は鳴ります。
12月1日の午前10時と10時5分です。仕事や観光で福岡市に滞在している方にも届きます。
地下鉄もこの緊急情報を受信すれば一時運転停止をします。
SIMフリーの携帯の方は受信できない場合があるので、例えば「Yahoo!防災速報」のような防災アプリを事前にダウンロードお願いします。
実際に有事にメールが来るのか、この訓練でそれぞれで確認をしてください。
またこの機会に、企業や団体の皆さんも情報伝達や緊急対応マニュアルが機能するかの検証をお願いします。

テレビなどでJアラートの「ウ〜」という違和感のある音を聞いたと思いますが、あの音は福岡市民が聞くことはほぼありません。
Jアラート自体は防災行政無線の音なので、一部の市の関連施設の中以外は聞くことはないんです。
福岡市民が聞くのはそのJアラートを受けて携帯電話に配信される緊急速報メールのチャイムのような音だけです。
携帯電話からJアラートの音は鳴りません。
どうしても訓練時間に音を出したくない場合は訓練中の5分間電源を切っておいてください。

また消防庁や内閣府に対して、九州市長会として、核や生物、化学兵器などへの対応も含めた緊急事態に対応するためにも、県や市、政令市などの地方自治体の有事の際の役割分担の明確化や専門人材、予算確保などの要望を行いました。

もちろん、そもそも何事も無いことが一番なのですが()



福岡市長高島宗一郎


m_img1710241.png



好評につき、福岡市LINEアカウントを正式サービスとして継続しますね! 「不燃物の日は昨日だった(>_<)」という絶望感から市民の皆さんを救いたい(笑)と始めたLINEによるお知らせサービスですが、実証実験の半年間で友達登録が約29万人となりました。 またアンケートで要望が多かった「イベント」や「仕事・講座」も新たにLINEで届くようになります。 サービス継続を記念して、好評だった福岡市オリジナル「LINEキャラクタースタンプ」を再び今日から90日間配布しますよ! 詳しくはこちら→https://dayori.city.fukuoka.lg.jp/53394/

福岡市長高島宗一郎

↑このページのトップへ