55713751_1072806132929925_4640603363216457728_n.jpg


【子ども医療費助成拡大のチャンスを逃すな!】


福岡市では子どもが病院に通院した時に医療費の補助が出るのは小学校卒業までです。


これを中学卒業までに拡大してほしい、もしくは自己負担を軽くしてほしい。これは議会の自民、公明の会派はもとより、野党の民主や共産系会派まで予算要望している内容です。


それが、今回の福岡県知事選挙で実現できる可能性が浮上したのです。


小川知事は、福岡市行政や議会がこの8年間訴えて続けてきた子ども医療費の格差是正に、残念ながら全く耳を傾けていただけませんでしたが、武内和久候補はその格差縮小を公約に掲げていただいたのです。


これは北九州市にとっても悲願です。


県の施設や道路などの整備は県内全体のバランスを配慮して、力をいれる地域など差ができるのは仕方ありません。しかし同じ福岡県民である子ども施策や障がい者施策は県内一律であるべきです。


福岡市民は個人県民税収入の4割近くを納めています。


にもかかわらずこの県の格差によって福岡市民は新たに11億円もの市民の税金を使って他の市町村との子ども医療費の格差是正に充てざるを得ない状況なのです。


このお金がキチンと戻ってくればまさに子ども医療費の対象拡大や自己負担軽減などの財源として活用できるのです。福岡市や北九州市の長年の要望が武内候補が知事になればまさに実現されるのです。


ちなみに自治体の財政力を測る指標として国が定めた「財政力指数」がありますが、もちろん福岡県内でも政令市よりも財政力が高い市町村も存在します。また制度としても各自治体の財政力が均衡するよう、地方交付税が交付されています。


ですから、人口の多い自治体=財政力があるというイメージを利用して補助金に格差を設ける理屈は成立しません。


私は福岡県知事選挙で武内和久候補を応援します。


福岡市長高島宗一郎


【福岡県知事選では武内和久候補を応援します】

54798036_1069401049937100_4548963175030063104_n.jpg

54411829_1069401063270432_8307761172002635776_n.jpg

昨日までアテネで開催されていたOECD主催の会議に招待されていました。福岡市が世界に誇る「福岡100」の発表をするためです。ちなみに、この世界に先駆けたプロジェクト実現に貢献してくれたのが、実は武内候補なのです。武内候補は、世界が未経験の少子高齢化に対して、安心して住み続けられる具体的な政策を常に考え、その的確なアドバイスは福岡市の施策にも活かされていて、成果がダボス会議をはじめとして世界中の有識者から注目されているのです。
武内候補は福岡県知事になって、攻めの福祉をすると訴えています。福岡県、そして全国でこれから顕在化する少子高齢化に向けて、口だけでなく、本当に県民幸福度日本一、いや世界一を作れるのは武内候補と私は思います。
今の福岡県民が不幸なのは、武内さんのこうしたずば抜けた能力を全く知ることなく、報道されることもなく、単に麻生が連れて来た人とか、小川知事がイジめられてるという「イメージ情報」だけで、来るべき福岡県知事選挙で投票しなければならなくなっていることです。

真面目でコツコツと仕事をすることは素晴らしいことで尊敬します。しかし何もしないから失点も話題も無いことと混同するのは危険です。
私は、個人的に小川知事のことが嫌いなわけではありません。ただ、福岡市政を預かる立場として言うと、これまで小川知事が、長年の懸案事項を自分が解決しようと正面から取り組んだり、利害が対立する難しいことをしっかりと決断したり、より多くの人のために嫌われることも恐れず一緒に汗をかいてくれたりしたかというと、甚だ疑問です。
イメージではなく具体例をあげます。大阪や神戸、名古屋などの政令指定都市では、こどもについての施策は政令市も一般市も平等です。しかし福岡県では、北九州市や福岡市のこどもは県からの医療費の補助がその他の市町村の半分しかもらえません。他の市町村と同等にするために、福岡市では11億円もの市民の税金を追加で補填して他の自治体と水準を合わせています。福岡県の個人県民税収入の4割近くは福岡市民が納めているのにも関わらずです。北九州市も同じように追加で市民の税金を使っています。この格差が是正されれば、例えば子どもが病院に行く際の自己負担を減らすことが出来たり、医療費補助を中学校卒業まで拡大できるからと、何度県に訴えても、8年間小川知事は全く耳を貸してくれませんでした。
今回の選挙戦に向けて、武内候補はこれらの格差縮小に尽力することを約束してくれました。これは福岡・北九州市民の福祉向上に直接繋がります。

宿泊税について。福岡市は観光は広域的に行うべきと考えています。だからこそ広域観光を進める上でお金が最も必要なところにお金を使うべきと主張しています。最もお金が掛かるのは人の出入りのハブとなる機能の整備です。港の整備や駅周辺の整備。そして観光客をスムーズに九州各地に送るためのインフラ整備。これらは現在、福岡市独自の税金を使っています。しかしそれでは市民の負担が大きいし、これから福岡市も高齢化で福祉に多くの予算もかかることから、福岡市は、福岡市へ宿泊する方から独自で宿泊税を徴収して賄おうとしているのです。この基礎自治体優先の原則は地方自治の基本中の基本ですが、小川知事は日本で最初の二重課税という悪例を福岡県からつくろうとしています。武内候補は、福岡市が一元的に徴収した上で、県内広域分を福岡市から県に配分することを求めるという至極真っ当な主張をしています。宿泊事業者にとっても利用者にとってもまさにシンプルでわかりやすい。

ちなみにこれまで小川知事は福岡市に宿泊をした人の65%が柳川や太宰府、宗像に行っていると発言していますが、これは明らかに違います。
県の調査とは、県内の14か所の観光地で、宿泊者に宿泊先や訪問先を尋ねたアンケート937件の回答だけで、これには福岡市や北九州市に宿泊し県外の観光地を訪れている人はカウントすらされていません。これでは県民が間違ったイメージを持ってしまいます。
実際は福岡市に宿泊した人が福岡県内を周遊した割合は2割弱なのです。具体的にはWi-Fi事業者提供の九州のWi-Fiスポット11,000箇所で30万人の履歴を基にした数字によると19.8%で、その他九州各県を訪問した人は24.0%なのです。また携帯キャリア等によるGPSのデータ分析では福岡市内宿泊者が福岡県内を周遊した割合は13.5%で、九州各地を周遊した割合は46.7%にもなります。福岡市は会議でもこのようなしっかりとしたエビデンスベースで主張しています。しかし小川知事が明らかに間違った数字を外へ発言することでマスコミも県民もすっかり誤ったイメージを持たされています。

福岡市は政令指定都市ですから、県知事が誰であっても独自にチャレンジすることができます。でも当然力を合わせることが出来れば県全体で大きくチャレンジすることも出来ます。ここまでの(選挙)期間、告示前日の討論会まで、小川知事からは格差のある補助金の是正や宿泊税について従前の主張しか繰り返されず、福岡市との関係を前進させる提案が無かったのは残念です。一方、武内候補はこれらについて前進させる具体的な提案と共に、何よりも政令市との関係を改善強化する強い意志がありました。

これまで福岡市、北九州市の行政や議会が訴えつづけてきたこと、すなわち、子ども医療費の格差縮小や宿泊税の問題が前進することはもちろん、県をあげて攻めの福祉に転じることで、福岡県民の幸福度を本当に一番にしていくチャレンジができるのは武内候補だと思います。
ですから、私は福岡県知事選では武内和久候補を応援します。

福岡市長高島宗一郎

FB_IMG_1552999268292.jpg
FB_IMG_1552999258837.jpg
FB_IMG_1552999252753.jpg
FB_IMG_1552999250085.jpg
FB_IMG_1552999247558.jpg
FB_IMG_1552999244995.jpg
FB_IMG_1552999241911.jpg
FB_IMG_1552999239492.jpg
FB_IMG_1552999237121.jpg
【福岡市美術館ついにリニューアルオープン】福岡市は古来より「交流」によって発展してきました。その交流は安曇族や金印、鴻臚館、博多商人、近年ではクルーズ船やLCCと手段は変化しても、時代と共にアップデートされ、多様性を受け入れながら都市として成長してきました。
1979年に開館した福岡市美術館は、40年の時を経て、より開かれた美術館を目指して、「多様性」を受け入れながら、「アートを通しての交流」を生み出すことをコンセプトにリニューアルしました。
「交流」と「多様性」を通じて、福岡市が次のステージへと成長していく。それが福岡市美術館の目指す「FUKUOKA NEXT」です。
このリニューアルには相当な自信を持っていますし、オープニングには日本初の個展となるインカ・ショニバレ展を開催します。福岡市の目指す都市コンセプトと見事にシンクロするアーティストです。
私たちが所蔵しているダリ、ミロ、ウォーホルなど、スター作品も一堂に展示しますので、ぜひ新しくなった福岡市美術館にお越しください!
いよいよ3月21日リニューアルオープンです!

これらの素晴らしい宝は福岡市美術館の財産ではなく、市民の皆さんの財産です!

福岡市長高島宗一郎

↑このページのトップへ