_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3127.PNG
便利な時代になったよね笑

いろんな物事の歴史とかなんだってすぐに調べられちゃう

自分が求めればどんな思考とも出会えちゃう


そんなことを考えながら今一番欲しいものはコトバを彩る才能


無い物とかある物とかそういう話もあるけど、
一旦置いとくと

人は大体のものが最初はない、環境や、思考で何かを得たりするわけだから、

最初からできたことなんて何一つないに近いと思うんだよね

だから今欲しいものだってさ、

この迷い探し求める日々が答えになるってマッキーが言ってたから

きっと気が乗らなくて背を向けた所で何も始まらないし

結局僕らは自分にない世界に憧れて無い方に寄ってったりするから


冷静に自分を整理する必要があって


自分は北海道出身でさ、

例えば東京に負けないぞみたいなハングリーが育ったとして地元でやってやるんだみてろって気持ちで今歌ってたらきっと
またちがう何かがあっただろうけど、

後ろを見るより

あるのは未来だから

あの時の自分は

東京に憧れがあって夢があって
ただ上京してきたことが全てで、

そういう思考回路の自分が

色んな別れや出会いを繰り返して今がある中で

そんな俺が奏でられる事は



闘争心とか対抗心とは違うけど

憧れや夢は歌う事はできるし

今どう戦っていてどう生きてるか

どんな未来へ行きたいかだって歌う事はできる

そんなことを考えながらこの一週間で2曲ができた



こんばんは

としきに便乗して

残された夏にしたい事を大発表します

誰も求めてなくとも大発表します!

なんだろな思いつかないな

一旦考えよう

考える余裕すらない日々やったから

考えてみよ

チーン



砂浜で酒を呑みながらリッキージー聴きにいきたいかも笑笑


5日くらいリゾートホテルでゆっくり過ごしたいかも笑笑


この国はなんなんでしょうかね



働きすぎておかしくなるよね笑笑


だから便利なんだけどね


便利って幸せなのかな


有り難いけどさ



幸せって考えるとさ


幸せって思える心がないことが不幸だと思うからさ


変な話どんなオンボロなアパートに住んでようと、


そんな貧乏な生活してようと


幸せだと思えれば


どんな金持ちの裕福にも劣らずむしろ


金持ちさんが不幸だと思ってればその人より全然幸せって話だから


皆さんも幸せと思ってください


お母さんがいない人も


お父さんがいない人も


昔は旦那が戦争に行って帰らぬ人になったり


どんなに苦しくてもそこらへんに華やかな音楽もあるし



すんごく幸せだと自分では思ってるんですけどね



俺は何を言ってるんだっていう金曜日でした
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2741.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2715.HEIC

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2981.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2983.HEIC


スペシャルな週末でした。


秋田県初上陸


栃木行った時のような幸せに包まれ
僕らは人に恵まれてるなぁと感じる時間

終わってほしくないとすら感じるくらい

秋田の皆さんの温度が感心地よくて

夜風を感じながら再会も含め楽しみました


昔から応援してくれてる人とも再会できて、そろそろ売れてねという言葉が嬉しかった


ずっと信じて応援してくれてるんだもんな


そして名残りありつつ、切り替えて次の日は岩手にて、



ラジオ局の開局パーティーにて

北上市高橋市長にも久しぶりにお会いできて、そんな方々の前で歌うみたいな


電波越しで沢山の人に届くような歌になって居たらいいなと思いながら


とにもかくにも自分が愛した岩手の北上に出来た新しい電波に便乗させてもらえてありがたかったなぁとかんじてます



そして、あっという間に明日から8月で

あっという間に東京でのクラウドファンディング達成ありがとう投げ銭ワンマンがあります


明日はそのリハです


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2741.JPG



まだまだ受け付けてますから!みなさんご予約お願いします



一つ、また一つと

ステージに上がることは簡単だけど

ステージを創ることは楽しいのと半面大変で

それを繰り返す苦悩は幸せな悩みだなぁといつもおもう訳ですが


今日もまた東京について、また次、そしてその次をイメージしながら、

正解のない答えを探して成功へ向けて
右へ左へ東へ西へブラリとね


次は絶対にきりたんぽ鍋を食べにいくぞ

↑このページのトップへ