月別アーカイブ / 2012年08月

ありがとうございますm(._.)m


皆さん色々と其々のお考えをありがとうございましたm(._.)m


私の言葉が足りないところを

かっこさんが代弁して下さった感じですね。
流石にかっこお母さんは発言も頼りになります[謇具シ医ヱ繝シ�シ云


そして
お名前はイチイチ載せさせて頂きませんが…。


皆さんのお寄せ下さったご意見は真摯に受け止めさせて頂きます。有り難う御座いました。


また
UMAXさんのおっしゃるように[謇具シ医ヱ繝シ�シ云地球を守らねば的な、お仕事をさせて頂く事が多少あるものですから…。いつの間にか物凄く上から(衛星くらいの規模の…)目線発言でしたよね。

私も…あまり込み入った事を書く権利はないので(私みたいな無責任な立場ですので…)慎むべきでしたね。失礼致しました。


ただ1つイヤ2つ程言わせて頂くならば…。


ちゃんとした国規模のはっきりした発言力のある方たちが…私たちの未来をしっかり踏まえた有効性のある示唆を少しだけでも表明して頂けないものかな?……今だからこそ、どさくさに紛れて出来そうなんじゃないのかしら?って。
安易に思う自分もいまして…。


そして
これまた2つめ…。
ぶっ飛んでしまうのですが…。
(ここから先はUFOが絡んできますので…『あっ苦手ぇ〜〜イヤだな〜〜[縺ゅ○縺ゅ○�シ磯」帙�ウ謨」繧区ア暦シ云』って思われる方は、読み進めたくない方は…ここで是非ともおやめ頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。m(._.)m)


んで2つめ…。

これは
限りなく、非現実的と思われるというのを十分承知の上で進めるならば……私の頭のネジが飛んでしまっているように感じられるのを恐れずに書かせて頂くならばですが[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
(これって以前にも書いたお話しですm(._.)m)

現実的には今を生きている私たちは…近くの国々の影響をちゃんと見据えて、日日を生きて行くのは当たり前ですが…。


私が本当に書きたかったのは其処いらへんとは少し違う観点のお話しをしたかった…イヤ、していたつもりでした。


本当に
見たこともない方には。
限りなく非現実的な出来事のお話しをしようとしていますが……そんな事が私の子どもの頃にありまして[謇具シ医ヱ繝シ�シ云


私が八才の時
あまりにも。
悩みが絶えない子どもでした[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
八才にして
この世の中は如何なものなのか?

…と。

まだ脳ミソが出来上がるか?否か?の…。そんな
子どもの思考を侮ってはなりませんm(._.)m
かなりの割合で
子どもなりに世の中の欺瞞に気づいていてもどうすることも出来ないので…実際大人の前では何にも知らない『子供らしく』を装う術を無意識に身につけなければならないと自覚している子どもも中にはいるものなんです。(私は未だそこから抜け出せていないんですね…)


八才の私も目の前の出来事に右往左往させられる現実に
『生きて行くって……何てキツクてツラいのだろうか…?』たった八才のくせにですよ…。
毎日毎日
来る日も来る日も…。
いかに早くあっちの世界に行ける近道はないものなのか?(今から思えば完璧に何様的にナメクサッテいますが…)
眉間にシワを寄せて登校をしていた時でした。
昇降口に近づいた頃…。

はじめての遅刻をしたことを…もうこの世の終わりみたいに嘆いて歩いていましたら…。


まだアポロが月面着陸をする2年前の事です。


まだその頃は
『未確認飛行物体UFO』がぜんぜん認識されていないんですね。


ですから
目の前に…。
銀色というか鉛色の細長い灰色の物体が学校の校庭いっぱいいっぱいの上空に校庭とほぼ同じ大きさで…。
私の目の前に静かに立ち塞がっていまして[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
う〜ん大きいのか?
そうでもないのか?
今となってはよく分かりませんが…。
よく覚えているのは誰かに……この不思議な物体の事を伝えようと、何かを言おうと回りを見渡してもまったく人っこ一人いないんですね。

一時間目の授業が音楽のクラスの教室から、みんなの歌声が『遥かな尾瀬ぇ〜〜[繧九s繧九s]』だったかな?聞こえて来るだけです…。


こんなに大きな物が微動だにせず空中に浮いていて…。

そして
まったく動いていない…。
全く音が無い…[謇具シ医ヱ繝シ�シ云飛行機に似ているけれど、尾翼(ハネ)が無い。

齢八年しか生きていない中でも…当然見たことがない代物です。


だってヘリコプターが飛ぶのを見たことが夕食の話題になるくらいですから[謇具シ医ヱ繝シ�シ云飛行機もしかり…。
(何て平和な昭和でしょう〜[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云


ですから[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
思わずフリーズです……そして気づいた事は。遅刻をしたことや世の中を斜めに見ている自分の考えの浅はかな事を…。
その浮かんでいる物体は全く何も言いませんでしたけれども[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
私が家を出てその物体に遭遇するまでの総ての思考を(大きく拡げれば生まれてから〜その物体に出会う八才のその時までを)…瞬時に悟られたっ!…気がしました。
つまりこの物体に私は既に、何もかも知られていると感じてしまったんですね…。肌で感じてしまったみたいな。


何かの生命体は最初に見たものを親と思い込むみたいな…。(鳥?何でしたかしら?)


私は
その時に刷り込みを経験していると思います。


そしてあまりにも突然に静かに…
おもむろに…その物体が私に話しかけてきました。
ものすごく優しい音色が耳ではなくて頭や身体に伝わるみたいに聴こえてきます。
『…あのね。地球では宗教や思想でケンカをしているよね?戦争をしているけれど…でも本当は違うよね?[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云みんながやらなくちゃならないことは1つだよね?』

私『(心で)…1つって?…何?』

『(心で)でも…何か見つかるのだろう。』

『(心で)分かりました』


こんな会話を何秒間なのか?何分間なのか?短かったでしょうけれども、していました[謇具シ医ヱ繝シ�シ云そして私は
その物体がまだ校庭の上にあるのを確認してから校舎に入り『1つって…いったいなんの事なんだろう?』と自問していました。意外に答えは簡単だったんですけれども[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云
ここで『Free‐Hugs』って良いよね?って(今の時期だからこそ)お話しが出てくるのですが…。つまり八才の私にメッセージを残した彼らは『LOVE』『愛』を人間は地球人は奏でて行くのが『私たちに出来る1つの事』それが自然だと教えてくれたのだと思いました。その後数年経ってROCKに目覚めた私はT.RexやDavid‐Bowieから『LOVE』の意味を知ることになるのですが。

とまあ。
以上です…。
こんな体験をすると
理不尽な事で怒りはしても…。
憎むとかの思考には到底なれません。
刷り込みかもしれませんけれども…。
私の心の声や考えはどうやら…彼らには垂れ流しのようなので[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
いくら気取ってみたとしても何処かではバレバレなのだと[謇具シ医ヱ繝シ�シ云

思っていますし(笑)


そして
誤解がないようにですが。私がこのように考えている事は今すぐにどうこう出来るとは思ってはいないということです[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
『Free-Hugs』で『LOVE』を心に響かせる事が出来るのなら…とても素敵な事だなぁ〜と思います。
もうずっと後のあと…でも少しでも早いに越した事はないのですが[謇具シ医ヱ繝シ�シ云
一世紀あとなのか…。
何世紀も先なのか…。
もしくは地球が存続を出来るためなのか?
こういう『LOVE』を基盤に提唱していく事を、こんなもう1つの考え方も頭のすみに置いて現実の生活で何をするべきか?を。


模索して生きて行きたいと思っていますm(._.)m


しかし…。
長かった[謇具シ医ヱ繝シ�シ云


最後まで分かりづらいお話しをお読み頂いて有り難う御座いました。




またすぐです[繧九s繧九s]











吉本多香美ちゃんです[謇具シ医ヱ繝シ�シ云


何年ぶりでしょうか…。
多分、十数年ぶりでしょう[縺オ繧峨�オ繧云[謇具シ医ヱ繝シ�シ云今更に思うことは月日の経つのは本当に早いものですm(._.)m


もうね〜。


凄いですよ……多香美ちゃんたらば……お母さんになっちゃってますからね[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云


彼女は今石垣島に住んでいらっしゃるんですが[謇具シ医ヱ繝シ�シ云


世の中の事を私なんかよりはちゃんと把握していらっしゃると思います。
私みたいに殊更にブログにお気楽に載せるなんて安直な事はなさらない[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



それだけ
もっと真剣に世の中をみていらっしゃるんです[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



『母になる人』イヤ『母になれる人』を私は本当に尊敬致します。


なんだろう…。


何だか
温かくて大きい印象!?


『母なる大地』とか

『源(みなもと)』みたいな…。


昔から
お父様の教育でいらしたのか…日本の枠から越えているような…人となり。

という感じなんですけれども[謇具シ医ヱ繝シ�シ云


お母様になられて久しぶりにお会いしたら[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云


より拍車がかかっていました[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云



何だか
『母ちゃんデカイヨ〜〜[exclamation][exclamation]見事だよっ[exclamation][exclamation]』←多香美ちゃんごめんよ…。



多香美ちゃんの横で
澪オジサンは…多香美ちゃん親子をガン見していましたm(._.)m



もうね〜。

ただ言葉なく…。

ガン見ですよ…。



何だか
『すげ〜〜〜っ[exclamation][exclamation]』って…。



『母ちゃんすげ〜〜[exclamation][exclamation]』って[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



そして
この笑顔が最高でしょう[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云



皆さんも多香美ちゃんの笑顔に癒されてくださいませ(笑)[謇具シ医メ繝ァ繧ュ�シ云



では
またすぐです[繧九s繧九s]








何だか政治的にゴタゴタと一部でしているのを…。


私も目にしないわけではありません[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



知らないふりをするのはとても簡単です。



ただ
私に何の権限もない上に詳しくないのも事実で[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



イマイチ
明解な世の中の仕組みにのっとっていない生活圏に身をおいている歯がゆさを感じる今日この頃ですm(._.)m



報道されている事実が国々の側面からの見方によっても違ってくるのだろうし。



かといって
主義主張は…私は日本人なので日本よりの考えですし[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



間違った国々の思惑や主張がそれぞれにクリア−になれば…正当な事実として賛同していくのが当たり前だと思っています[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



だから
少しだけワサワサする気持ちを抱えているのですが…。



宗教や思想で、または文化や風習に至る所で…お互いにたがえてしまうのも人間であるが由縁でしょうけれども。



今…長年抱えていた[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



国々の『膿み』を放出する時期が訪れたのでしょうか?



いずれは
迫り来る決断を迫られている時なのかもしれません。



私は
綺麗事ではなくて…。


実際に子どもの頃から。
『地球規模での平和と統一』




お花畑的かもしれないけれど夢というよりは。

希望として頭のすみにおきながら生きてきた方ですが。


そんな
ワサワサな気分をスッキリさせてくれた[謇具シ医ヱ繝シ�シ云



『Free Hugs[exclamation][exclamation]
異国の地で[謇具シ医ヱ繝シ�シ云


時には、悲しい風当たりも受けながら。

果敢に続ける
『Free Hugs[exclamation][exclamation]


言葉はいらないですよね[繧上�シ縺��シ亥ャ峨@縺�鬘費シ云


『Free Hugs[exclamation][exclamation]』をしている間だけでも…ほんの数秒の短い時間かもしれないけれど。
そこには
言葉では伝えられない何かを分かち合える瞬間なんだと思います。


『膿み』を出すのは良いと思います。


でも
『Free Hugs[exclamation][exclamation]』をすることの出来る心意気だけは失わない人間でいたいと思うのです。



私も何処かの国で
『Free Hugs[exclamation][exclamation]
したいな…。




またすぐです[繧九s繧九s]



↑このページのトップへ