髙木さんへ


髙木さん。貴方は私には絶対に届かない存在です。

何度想っても何度その想いを口に出しても、気持ちは少しぐらい届くかも知れないけれど、

それで貴方が振り向いてくれる可能性はほぼ無い。

その悲しみを貴方は知っていますか。

何度も貴方を好きになるけど、その分悲しくなる。

それを知っていますか。

何度想っても振り向いてくれない。

遠すぎる存在だから。

たまたま好きになった人が芸能人、アイドルってだけなのに。

なんでこんなに苦しいんでしょうか。

何度も何度も貴方と貴方の全てに救われました。

でも貴方は私達に救われることはありますか?

私達の愛は少しでも届いていますか?

こんなに苦しいなら、好きにならなかったらよかった。

それは違います。

苦しいけど、それでも貴方が好きなんです。愛し続けたいんです。

年齢差も凄いし、貴方にとってはただのヲタク。ただのファン。

でも貴方達芸能界ではファンはなくてはならない存在。

だからファンがいて良かったって1回は思ってくれてるかな?と思っています。

貴方にとってただのファン、応援してくれている人でもいい。

私にとっては、「世界で一人一番大切な人」だから。

好きになってよかった。

なんの記念日でも無いけどふとこう思うことがある、という落書き。