月別アーカイブ / 2018年05月






新たな情報が入りました。




_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5506.JPG




写真で、俺が何をしてるかは、黙秘します。




しかも、密告とは、全く関係ありません。












で、GLAYのタクロウさんが、ご自身のラジオで






タ「いつか高橋君側に立って、アイツらを相手にしてやる。」




との事。




おそらく、このアイツらとは、さわおさんと、ジロウさんの事だと思います。







話は続きます。









タ「だってアイツ言ってたもん。『俺だったらキレる。』って。













アイツ悪いよ〜。」





このくだりのアイツは、おそらくジロウさんでしょうか?















さわおさん、ジロウさん。


















私、高橋の味方に
























異国の王族が加わりました。





ぶっちゃけこのお方の戦闘レベルは、王族の中でも、かなり高いです。





俺は、今はもう、何も怖くありません。





これを記念に、エレキギター買うつもりです。




ダッグを組んだ証に、タクロウさんにサインしてもらいます。




「誰か助けてください。」と、言い続け、何年が過ぎたでしょうか。




俺はプレデタで、いつか百姓一揆で、下克上を起こすつもりでしたが、まさかその「誰か」に、王族が加わるとは。




正直、驚きです。




領域的には、黒船がやって来た領域と同等、またはそれ以上の衝撃波で、全米が震撼しました。




タクロウさん、くれぐれもよろしくお願いします。










本日も気が済みました。




_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5333.JPG






んじゃまた。








昨日のブログで、誤解を招いてしまう書き方をしてしまい、生まれて来てすみませんでした。




読んでない方は、どうぞ。↓








山中さわおさんが、ジロウさんに話していた内容は、プライベートな事なので、夏フェスや、プレデターズのライブ活動とは関係ありません。



で、変な書き方をしてしまい申し訳無い気持ちと、バカかテメーらは?って気持ちが混ざっていて、正直、驚きです。




生まれて来てすみませんでした。








ところで、カンヌ国際映画祭って聞いて、小学校にいた、カンノ君の事を思い出しました。



カンノ君の家に遊びに行き、呼び鈴を鳴らすと、オジサンが出てきました。




俺「カンノ君のいますか?」




オ「ちょっと待っててね。」




と、玄関を開けたまま、オジサンが大きな声で








オ「おーいカンノ〜












カンノ〜


















友達が来たぞ〜。」

























お前もカンノじゃねぇか。




と、強く思ったのが懐かしいです。




俺の常識を超えた親子関係に、正直、驚きです。




そんな事をカンヌ国際映画祭を見て、思い出しました。




このブログを読んでる方で、カンヌ関係の方で、気分を害されたらすみませんでした。



俺は決して、カンヌをディスってるわけじゃないんですが、ただ、カンノ君のお父さんがカンノ君の事を



「カンノ」
  
 

と、呼んでいた事を、責任を持って、世の為、この日本の為に伝えたかったんです。


 
そして全国のカンノさん、本当に生まれてきてすみませんでした。



さぁ、本日も気が済みました。



さて、スタジオに向かいます。




んじゃまた。





俺は、電車の席に座っていて、隣の人が立ち去ったので、3つ空いてる席の真ん中に座ってる状態でした。





そこにカップルが入って来て、男は女に席を譲ろうとしています。




俺は席を移動して、二人が並んで座れるようにしました。




俺「どうぞ。」




男「ありがとうございます。」




で、俺の目の前で、全く同じ事が起きています。




あくまでも主観ですが、真ん中に座ってる奴は、動く気配がなく、全く役に立たない、アホの子の顔をしています。




ちょうどこんな感じです。






_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4845.JPG






または





UahTLwZCnA.jpg




完全に何も感じていない顔です。




わざとじゃないから、余計タチが悪いですね。




きっと君は、ドラマーにはなれない。



ドラマーは、色々気が回って、メンバーを見渡せる人じゃないとヤバいです。




さわおさん、電車もバカばっかりです。









5/12のthe pillowsの渋谷クアトロ公演を観させてもらいました。

 

とてもカッコ良くて、モチベーションが上がりました。



さわおさん、いつもありがとうございます。



ジロウさんと一緒に、打ち上げまで出させてもらって、幸せ空間でした。








当然内容は話せないんですが、さわおさんが、ジロウさんに色々確認、説明していました。



ちなみに、その時のさわおさんは、俺の顔を、一度も見ていません。



聞き耳立てていたのですが、文脈から察するに、それには俺も参加するようでした。



正直、驚きです。



二人の王族たちは、説明もしてくれなくなりましたが、俺はエアー読めるタイプなので、どんどん進めてもらって全く問題ナッシングスカーブドインストーンです。




俺たちプレデターズ。



また、夏頃、さわおさんと、ジロウさんに遊んでもらおうっと。



んじゃまた。





↑このページのトップへ