月別アーカイブ / 2018年02月




さて、みなさん。




謹製高橋バッヂ、キーホルダーが売り切れました。




高橋でもないみなさんが、たくさん買ってくれたお陰です。


 
ストラップは、あと2個あります。



たった2個じゃ、ないのと同じですね。




BqkeS9EKE9.jpg





さらにヨリます。







_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3634.PNG








ラバン…?





ラバンも、売り切れましたさようなら。





バッヂはもうたくさん作ったから、もう売れないかもしれない。











色を変えればいいんだ。



これ決定しました。




黄色ベースに黄色で文字を書いて、誰にも読めない黄色いバッヂを作ろう。






俺「よく見てください!







書いてあるんです!









本当です!











信じてください!















バカかテメーは?」




って、無駄な時間を過ごす事にします。




YAHIRO LABに連絡して、色違いのバッヂをお願いしよう。




売り上げは全額寄付します。




ラババンもかなり好評で、なかなかナイスです。




みんなありがとうございます。



_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3482.JPG



写真は、ラババンを付けてくれたコバヤンの手首で、はめる時にキツくて"プルプル"震えていました。




ラババン、コバヤンと大滝君だけ、大きなサイズが必要かもしれません。




腕は、ラババンで鬱血していて、ほんのり色が変わっていました。



コバヤン、外してください今すぐに。




アーメン。




んじゃまた。












俺は、さわおさんとジロウさんに、ドッキリで、ハメられました。




プレデタの特典映像で、ドッキリをされたんです。




都内のスタジオで、既存の曲のMV撮影と言われていていたのに















さ「そんなに作曲したいならやらせてやるぞ。」




何を言われたか、一瞬理解できず




俺「え…?



何がですか?」




的な。















さ「がっはっはっは!」









的な。









ジ「(^_^)」








的な。







内容はこんな所です。









個人的には、エルレの活動休止の時と、同レベルの衝撃が走りました。





思い返すと、ツアー中に















 

さ「おい。








お前は作曲の時、楽器は何を使ってるんだ?」







俺「アコギです!」
















さ「おい。








その時、デモの録音は何でしているんだ?」










俺「iPhoneです!」






と、会話し、俺は心の中で














俺「さわおさんも
















とうとう俺の作曲を参考にし始めたんだな。





















さわおさん




























作曲で煮詰まってるのかな!」






とか思ってましたが、すでにミッションは始まっていて、ただ、遊ばれていました。





スタジオに、アコギは用意されていました。





それにしても今回の思い出は、一生残る物になりました。




そして、さわおさんと、ジロウさんのお戯れは、マジでヤバいって、再確認できました。




でも、何か、もの凄いプレゼントを貰った気分でもあります。




撮影チーム、マネージメント、ミュージシャン、色んなジャンルのプロが、集団でドッキリ。




プロの悪ふざけ、マジで度が過ぎてる。



俺も音楽の引き出し、限界まで全部開けました。



引き出して開けたの「ドラム」じゃなくて、「音楽」ってとこがポイントですね。




ファンの人じゃなくても、観たら笑えると思います。





_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3611.JPG




頭が疲れてしまい、個人的に笑えてない写真です。





濃厚な約5時間でした。




4/25にリリースだから、楽しみにしててください。




んじゃまた。










Arabian Dance Tour のツアーリハーサル最終日の1つ前のリハの時。



最後から2番目って意味ね。



その日に山中さわおさんが











さ「おい。














ドラムソロをやれ。」





俺「はい!」




俺は、歌があってのドラムって思ってるから、ドラムソロをやらない主義だったのですが、山中さわおさんが半笑いで一蹴。



さわおさんから指令が出たからには、俺のつまらないこだわりは余裕で消え去りますさようなら。




本題はここからです。




翌日のツアーリハ最終日に、一人でドラムソロの練習をしていました。



ソロを組み立てる日が、その日しかないからです。



最後の日。



少しして待機する部屋に戻り、さわおさんとジロウさんがいて、さわおさんは








さ「おい。

























お前はリハ前から何をバカみたいにマジにドラムを叩いてるんだ。」















俺「え…ち…。」







俺は、この時点で正気を失っていました。
















さ「あ。



































ドラムソロの練習か。






























がっはっはっはっは!」




と、高笑い。



ジロウさんはやり取りをニコニコ見ていて、やはり俺を助けてくれませんでした。




山中さわおさんはプレデタの王様なので、やっぱハンパじゃないと思いました。






_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3589.JPG





写真はゴロウで、俺の新しい作品になります。




んじゃまた。




↑このページのトップへ