月別アーカイブ / 2015年12月

昭和49年生まれの俺は




たぶん今が本厄で、来年は後厄です。




あんまそう言うのどっちでもいいんだけど、俺のほとんどの叔父達は






厄年に亡くなってます。






なので、ヤバい印象が強くあります。





って事で、厄払いは必ずしてるわけです。




厄払いしてもらう時に、棒を振ってる神社のお兄さんが途中で













らんらんらん…









とか言ってるように聞こえるんですが、俺は毎回












この人

笑わせようとしているのかな…?





と、思ってしまい、俺は笑いをこらえています。




今までの音楽人生でつちかった引き出しを全て開け、俺は笑いをこらえています。



もしこのブログを厄払い関係の方が見ていて、気分を害されたら申し訳ありません。



俺は決して厄払いをナメているわけでもないし、神様を勘違いしているわけじゃないんです。



ただ、らんらんらんに関しては、どうしても、プロの芸人さんを思い出してしまうんです。




責任は、らんらんらんにあって、俺にはありません。




誰か助けてください。





何しろ、俺は何しろで、このまま厄年を突破するつもりです。




厄年関係の方、今後も、くれぐれも、何しろ、よろしくお願いします。




月曜日スタート。





んじゃまた。

日曜ですね。





俺が質問に答えた LINE Q  、全体的には評判は上々ですが





『答えが " さようなら " は、あまりにも冷たいんじゃないですか?
私はどうかと思います。』





と、Facebookで苦情がきました。





貴重なご意見、どうもありがとうございますさようなら。




質問がくれば、俺は俺なりに答えます。




今回もどうぞ。






Q.    口内炎の時、高橋さんはどうしますか?


A.   何なんだテメーは?
病院に行ってくださいさようなら。









Q.   どうすれば高橋さんのようにカッコよくなれるのですか?


A.   ウーロンハイを完璧に極めた後、赤ワインしかないですね。
あと嬉しいので、もっと褒めてください。






Q.    高橋さんデザインのトートバッグかほしいです。
また作ってくれますか?


A.   文脈で感じます。
俺の推測だと、あなたはさわおさんかジロウさんファンで、先輩と同じカバンを持ちたいんです。
それでさわおさんのポッドキャスト
『fool on the planet』や、
ジロウさんのラジオ
BUGGY CRASH NIGHT』にメールで


『私も高橋さんのカバンゲットしました〜』って


何とも先輩がコメントのしようのない、中身がない内容を送って、君は何か笑いたいだけ。
って事ですよね?さようなら。






Q.   何ラーメンが好きですか?

A.   今はご機嫌斜めなので言いたくないですさようなら。






Q.   背負ってる十字架はどれくらい重くなりましたか?具体的に。


A.   何だお前は?
眠ってください今すぐにさようなら。



 


本当だ。



振り返ってみると、さようならの連呼しています。




誰か助けてください。




無意識にもほどがあります。

 



また質問がたまれば、おそらく俺はさようならを連呼しますさようなら。




はばないすさんでい。




んじゃまた。

昨日、LINE Q に参加してくれたみなさん。




ありがとうございました。




また機会を頂ければ、またやりますね。





でも、何の話かわからない人もいると思うんです。




そんな人は置いていきますさようなら。






話はかわりますが






天気予報の的中率が低すぎる。






これを一般的に























バカかテメーは?





と、言います。





予報は雨で、現実は快晴だったり。




全国の気象予報士さん。
















翌日の天気は的中してほしいんです







前にも言ったけど、自信がないなら









晴れのち曇りだと思いますが、私今回、自信はありません。


何だかすみません。








とかの、表記はどうですか?









曇り時々晴れ
と言いたいけど微妙










そんな表記できないですか?




アーメン。




あと、降水確率50パーは











一か八か感が強いです。




1mm以上の降水確率だと、わかっています。




でも、50パーやめて欲しい。





だって、どっちでもいい感じがするから。






んじゃまた。




↑このページのトップへ