今じゃ考えられないけど、中3の時、俺の体重は89kgでした。




その頃、彼氏にフラれた同級生の女の子がいて、俺が




俺「俺が付き合ってやろうか?(爆)」




って、全く好きでもないのに、慰めの気持ちとか、からかった気持ちとか、そんな気持ちで俺は声をかけたら、返事が





「ヒロタカ、痩せてたらいいのに」との事。





テメーこの野郎。




俺は好きでもないその子に言われ、ナゾにスイッチが入ったんだ。





で、高校入学して、お袋の協力のもとに食事制限、筋トレ、ジョギング、ジュースもやめたし、思いつく事全部して、夏までの3ヶ月で28kg体重を落とした。





ここで生まれて初めてケンスイができるようになって、夜の親水公園で一人で爆笑したのを覚えてる。





俺「ケンスイ楽勝だ!」って。





その夏、中学の同級生に会っても、誰も俺の事がわからなくなっちゃって、痛快だった記憶があります。




小学校からずっと一緒だった女の子とか





「カッコいい…初めましてですよね?^_^」





そりゃそうだ。




全く別人。




で、高校の時はモテたなぁ。








2000年頃かな?デビューした頃、体重は少し増えてしまい、70kg超えてたけど「65kg」って、ウソついて誤魔化してました。





当時、事務所の社長に「少し痩せたほうがかっこいいんじゃん?」って言われて、またスイッチが入ったんだ。





2ヶ月で10kg以上落とした。





体重が落ちても、エルレのメンバーは気がつかなかったなぁ。




ほぼ毎日一緒だったからだよ絶対(爆)




そして今、実は3年前と比べて5kgくらい太った。




ちくしょう。





で、どうやってスイッチ入れるか忘れちゃった。




でも、ほぼ風邪をひかなくなったので、体力的にはこれくらいの体重がベストなのかもしれない。





あと、ちょっと体重あるほうがドラムが安定するのを感じています。




マジですこれ。




重心が低くなったのかもしれない。









さて、2日間にわたり、昔の話をしましたが、またしますね。




俺が若かった頃の激しい話を、さっきまで書いてたんだけど、内容がヤバ過ぎて消しました。



 

書かなくてよかった。





んじゃまた。