革靴を脱ぐ時、皮革のカカト部分とアウトソール(靴底)を擦ってしまい、黒くなってしまうんです。













見てほしいのはタカオではなく














ブラッシングや普通のクリームじゃ絶対に落ちないです。





写真の黒い汚れは小さめですが、どんどん大きくなります。






これを、みんな大好きミスターミニット。






プロに取ってもらいに行きました。







俺は「何を使って落としているんですか?」






と、店員さんに聞いたら、笑顔で液剤を見せてくれました。






優しい店員さんでした。






俺は







俺「ふざけんじゃねぇぞ」






と、逆ギレをしました。






していません。






とても、感謝しています。






で、店頭で販売はしてないとの事で、俺はそのクリーナーをその場で通販で購入。





今日、届きました。





もう今は俺が持っているアイテムで俺の革靴、ブーツのことは全て対応可能となりました。





が、みんな大好きミスターミニットには引き続き通います。





修理タイミングとかアドバイスくれるし、磨き上げ方など、プロの仕事を見て心をリセットする大事なルーティンです。





ガラスレザー、オイルレザーなど皮革の種類で磨き上げの方法、処理はそれぞれ全く異なりますが、それぞれ理解がかなり深まってきました。





質問がある人はいつでもどうぞ。





速攻で何か返信します。












んじゃまた。











こないだ、The BONEZ の T$UYO$HI と飲んで




「俺にはあまり友達がいない」




と、ブログに書きましたが、重要人物を忘れていました。













木更津までやってきました。






みなさん、もうおわかりですね。













みんな大好き、スシロウです。





スティッキーではワインを飲みましたが、久々にワイン美味しかったです。











マスターも元気そうだったし。




で、あまりにも本八幡のアジトに行ってないから行かなくちゃ。



 







古川くんは何を考えているのか、シールの販売するのにロンガーさんの写真を横に置いていました。




俺「ロンガーさん、シール何枚買ってくれますか?」





ロ「現実的なところで10枚でお願いします」





と、意味がわからない理論で10枚も買ってくれました。





東北の為にどうもありがとうございます。












俺的に、エルレ以外の全ての活動に一区切りついた感じです。





あとは細美さんが帰国したら、みんなで細美さんち集合して、まずはアンビリーバボーなアメリカの話をたくさん聞いて、爆笑して酒飲んで、帰宅後音楽の話を忘れてるの思い出して「やべ!忘れてた!」って流れが美しいな。





うん。




それがいい。





けど、臨機応変に生きよう。





それが俺の良いところでもあるんだ。





そして俺の直接知り合いの皆さん、「頑張ってください」とか、俺は全くムカつかないんですけど、今回ばかりは余裕でシカトする可能性が高いので、そこんところよろしくお願いします。





んじゃまた。













The BONEZのベースのT$UYO$HI とサシ飲みしてきました。






俺はT$UYO$HIを イッシーって呼んでる。






イッシーと最後に会ったのは確か2019年のライジングサンだった記憶が。






イッシーはDragon Ashで出て、俺はエルレでの参加。






つまり3年ぶりに会ったのにそんな感じが全くしなかったなぁ。







エルレが2002年に My Own Destruction ってミニアルバムをリリースして、ツアー初日が確か仙台のMACANAってハコで、確かリリースが間に合わなくてツアーが始まった記憶があるなぁ。





まだ音源が発売されてないのにツアースタートしたんだ。





何しろそこで対バンしてからの付き合い。






良く覚えてんな俺。






俺はバンド以外の何にも属してない、普段連絡取り合う仲間もマジで少ない変わったミュージシャンなのは自分でも理解しているけど、イッシーとは友達。






エルレが休止する時、不安に押し潰されそうだった俺が相談したのがイッシーと山中さわおさんの二人だった。






今回も色んな話を聞いたし、俺もした。






普段は人に話さないような内容でも、イッシーには不思議と話せる。







って良い話でした。








んじゃまた。




















 






↑このページのトップへ