東日本大震災から今日で7年。

7年前のこの日は、まだ北堀江にあった事務所のデスクで、終日事務仕事をしていました。
14階建ての7階だったからか、かなり大きく揺れたため、慌ててテレビをつけ目に入ったのがあの津波の映像。

この日の3日前に、仙台で初めてライフオーガナイザー二級資格認定講座が開催されており、東北在住の受講生の安否を確認しようにも当然連絡はとれず。

同日、東京でも協会のスキルアップ講座を開催していて、その参加メンバーにも連絡がとれず、午後はずっとtwitterで情報収集していた記憶が。結局、twitterのアカウントをもつ参加者とやりとりすることができ、帰宅難民になる人もいながらも、みんな無事ということがわかり、ホッと一安心。

でも仙台の受講生の無事がわかったのは数ヶ月後。安堵したものの、この震災の大きさを改めて実感し胸が痛くなりました。


阪神・淡路大震災の時を思い出すと、復興はまだまだ半ばだと思います。
 
自分一人でできることは限られますが、忘れないこと、気にかけ思い出すことなら誰にでもいつでもできます。
 
2011年から毎年行っている日本ライフオーガナイザー協会チャリティイベント、5月に今年も開催します。
これは昨年のチャリティイベントのアナウンスの記事。


新しい地図の三人からも。
ちなみに中居くんのラジオ番組では、スマスマ終了後も月に一回、復興支援の呼びかけを続けています。

微力でも力になれること、続けていきたいです。