先日こちらの記事でも紹介しましたが、暮らしのちょこちょこ改善、絶賛実施中です。
これは少し前に見直したことですが、定期購入のミネラルウォーターをこちらにしたこと。
sfoT_TGlb0.JPG
そう、もともとラベルのついていない商品を買うことで、ごみ出し時のラベル剥がしのプチストレスを減らした、という話。

我が家は月曜日の段ボールなどの古紙回収と、土曜日のペットボトル・缶びんのごみ出しは私の役目。

ペットボトルのラベルとキャップはプラスチックごみのため、プラ用ゴミ箱に分別し、水曜日にごみ出しするわけですが、これは夫が担当。

でも空になったペットボトルがそのままキッチン周りに置かれていることもちょこちょこあり(主に娘のしわざ)、そのたびにイラっとしながらラベルを剥がしていた私。
いちいち剥がしてほしいと言うのもストレスだったので、以前から気になっていたロハコウォーターに変更することにしたわけです。

カクヤスで買っていたクリスタルガイザーなら500ml一本あたり約45円なので、410ml68.5円のロハコウォーターは結構割高ですが、一回試したらもうやめられません。

ジュース類と違って、我が家のミネラルウォーターの消費量はそれなりに多いので、この変更によりかなりストレスは減りました。

小さなストレスといえ侮るなかれ!
こういうことの積み重ねが家族間のイライラを生み出していたりするのですからね。

ちなみにロハコで購入することのメリットは、ラベルだけじゃなく、段ボールの開けやすさと扱いやすさがハンパないこと。ハサミやカッターなしで開けられるのって素敵すぎます。また外箱から出すときのことも考えられていて、さすがです。
4Dy2PhVfku.JPG
※画像二点はロハコWEBサイトから引用しています。

また追加購入もキャップのQRコードからすぐにオーダーできるという親切設計。20本入りというのも女性が持ち運びしやすいようにという配慮なのかな?(知らんけど)

以前、片づけ収納ドットコムでロハコさんを取材させてもらったことがありますが、その後もどんどん使いやすいサービスにバージョンアップされており、生鮮食品も届けてもらえるIYフレッシュのお届け対象地域となった日には、他の通販やネットスーパーは利用せず、ロハコ一択になってしまいそうな予感が…。
しかしロハコがスタートしたときは、すでにAmazon他、ネット通販サイトは多数ありましたし、ここまで使えるサービスになるとは思っていませんでした。

やはりヤフーの資本が入ったからでしょうか。昨年にはセブン&アイと業務提携しましたし(IYフレッシュはセブン&アイとのサービス)、今後の展開も楽しみです。

Di42UvNXmI.jpg
しかしこれ、すごい本ですね。
先月発売なので、すでに一ヶ月も経ってしまいましたが、なにがすごいってこのキャッチコピーと、メインモデルで160cm63kgの原田さんのモデルっぷり。

体重は61kgから67kgをいったりきたりしているから63kgとは平均体重(爆)らしく、そこまでカミングアウトしなくてもという大盤振る舞い。

大人体型向けスタイリングはもちろんのこと、使われているアイテムもプチプラのものが多く、誰でも取り入れやすい実用性がナイスです。

でも個人的にはスタイリングもさることながら、原田さんの関西弁コメントと絶妙なスタイリングタイトルのほうに読み物としての魅力を感じてたりして。

私は普段結構オフィシャルな格好をすることが多いので、この本で紹介されているスタイリングは休日限定になりそうですが、参考にしたいと思います。

先週末は出張で休みなしだったので、今日はプライベートを優先し、赤坂にベートーヴェンに会いに行ってきました。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6266.JPG
もう、ただただ感動
このハードな舞台を一日に二公演も行うなんて、尋常じゃない。

再演とはいえ、すごい稽古とかしてるんだろうなぁ。こんなの観たら、もっと私頑張らないと!と思わされましたよ。

私の席のまわりには、学校の社会見学授業か、中学生の男子たちが一学年分?ほどいて、普段の舞台の観客層とは明らかに違うかんじ。

うるさいと嫌だなと思っていましたが、みんなお行儀よく、最後はスタオベまで一緒に
まぁS席12,000円の舞台に来ることができる生徒が通う学校だからでしょうか。(偏見?
いやいろんな意味でいい勉強になったはずです。キスシーンとかもありましたしね。(笑)

ちなみに夏に観た吾郎ちゃんとは全く別人でした。ベートーヴェンの吾郎ちゃんは声やしぐさも普段とは全然違い、ヤバかったです。(←語彙力…
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5531.JPG
とまぁ、こんなふうに舞台や映画とかを観に行くと欲しくなるのがパンフレット。
片づけのプロだと買わないのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、

私は当然買います
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6267.JPG
もちろん今日もこのとおり。重厚で素敵なデザインと装丁、中身も素敵な写真と濃い内容の説明文は舞台が終わったあとも楽しめる代物です。

さて、こういうのはどう収めているのか?

私の場合、パンフは基本、書類扱いでファイルボックスにどんどん入れていくのみ。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6268.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6269.JPG
zIGAu5ayMR.jpg
パンフ以外の細かなグッズ系もジッパーバッグに入れて一緒にイン。このときのグッズも入っていますよ
このファイルボックスは買ってきたらすぐに入れられるようダイニングボードの中にあります。

こういうファイルボックスはいくつかあって、いっぱいになると古いものは二階の保存用ボックスに移動というフローにしています。

ちなみにこのファイルボックスに入らない、ちょっと大きめのパンフなんかは、微妙にイラっとなりますね。ポールのパンフは入らんのよねー
仕方ないので隙間に立てていますが、意外とちょうどいい隙間があったりするんですよね。

あまり隙間をうめる収め方はおすすめできませんが、イレギュラーサイズのパンフは良しとしましょう!(笑)


↑このページのトップへ