昨日は久しぶりに名古屋出張。
三年前に東京にも拠点をつくってから、それまでは結構訪れていたのに「ここ最近は通り過ぎるだけで、全然来てくれない!」と言われ、確かに!と

はい、以後気をつけます

さて出張の多い私に、甘いものが大好きな家族たちは、まいど美味しいものをお土産として求めてきます。

でも私は甘いものが苦手。
美味しいものと言われても、自分は食べないので、お土産選びは結構難航することが多く、最近では具体的な商品名と買える場所までリスト化してもらうこともあるほど。

でも!この時期の名古屋出張は別!
これは好きなんですよねーーー
Yck_qA2K7y.jpg
岐阜の中津川の、すやの栗きんとん。

髙島屋時代、お客様から教えてもらってから大好物に
昔は髙島屋大阪店でも買えたのですが、今も買えるのかな。今回は名古屋髙島屋にて購入しました。

もう20年以上前になりますが、初めて食べた時の感動たるや!これが栗きんとん???と。

それまでは、おせち料理に入っているような甘すぎるやつしか食べたことなかったので、栗きんとんは苦手でしたが、それ以来大好きに❤️

でも、すやのもの以外は、そう美味しく感じたことはないし食べたいと思わないので、この栗きんとんの栗本来の素朴で上品な味が好みなんでしょうね。

季節限定というところも、心惹かれるのかも。

日持ちはしないのですが、名古屋とか岐阜にお越しの際のお土産におすすめです

片づけのプロを育成する立場の私ですが、非ミニマリストであることを公言しており、特にバッグの所有数はなかなかなものです。(笑)

そんなプライベートな理由と、仕事がらシェアリングサービスへの関心が高いことから、2年前からこちらのサービスを利用しています。
【使ってみました!第一弾】これでバッグ収納に悩まされない?バッグレンタルサービス「ラクサス」(前編) - 片づけ収納ドットコム
最近流行りのシェアリングサービス、実際にどれだけ使えるサービスなのか、片づけのプロがおすすめできるサービスなのか?これを検証するため実際にいちユーザーとして体をはって試してみるという企画、その第一弾です!ブランドバッグのレンタルサービス「ラクサス」は月額6,800円(税別)で最新のブランドバックを、無期限・個数無制限で利用できるサービス。このサービスのメリット・デメリット、どんな人におすすめのサービスなのか、検証しご紹介したいと思います。
katazukeshuno.com
利用開始からちょうど2年。
月額6,800円(税別)なので延べ176,256円も払ったことになりますが、バッグ収納に悩まされることなく、さらにバッグの数を減らすことができたのか?
その検証結果です。

まず2年間で借りたバッグの数は合計15個、平均するとバッグひとつあたり一ヶ月半ほど借りていてその利用料は一個あたり11,750円計算となります。

借りたものはこんなかんじ、直近のものから並んでいます。
zCyH2JK4Pi.jpg
fhbE1uFJCW.jpg
YMOAScutXA.jpg
FDnmVBeWks.jpg
大きく分けて、パソコンが持ち運べる大きさの普段使いのもの、旅行用のショルダータイプのもの、パーティ用の小さなバッグの3種類のバッグを利用していました。

特に旅行用・パーティ用は使用頻度を考えると買いたくはないけど、そのときのファッションにあったものでかつ容量面で実用性のあるものを選びたいという私の希望に合致していて、すごく便利に感じました。

借りた期間は一番長いもので7ヶ月、一番短いもので1週間、すぐに交換したものは色味や素材がWEB上とイメージが異なっていたり、重かったというのが理由です。

で、検証結果ですが。

この2年間で新しく購入したバッグは3つ(ウォレットショルダー含む)、古い合皮の劣化したものをそれ以上処分したので、結果的に所有量は減り、収納にも悩むことはありませんでした。

さらに現在、見直しをすすめているため、もっと減りそうな予感。また後日談はこちらでご紹介しますね。

ということで、バッグ好きで所有量が多いけどこれ以上は増やしたくないという私の場合、バッグレンタルはコストに見合った利用価値のあるサービスだったということになりました。
なので引き続き当分利用するつもりです。

ファッショントレンドに敏感で最新のものを持ちたいという方、逆にバッグはいつも同じでもいいという方には、あまり利用価値はないでしょうね。

ということで今日届いたこのバッグを、早速明日から使いたいと思います。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6299.JPG

昨日の記事は、ペットボトルのごみ出しのストレスを減らす話でしたが、
今日は段ボールや古紙回収の際の話です。
我が家の場合、週に一回の回収ですが、ネット通販や宅配のものを多数利用していること、随分減ったとはいえ、雑誌やカタログ類もそこそこあることで、多いときには結構まとめるのがやっかいでした。

「ヒモで段ボールをまとめて、ヒモをハサミで切る」

文章にするとものすごく簡単な行為に思えますが、以前はこれが嫌で嫌で、ついつい山のように段ボールを溜めてしまうことも

何がイラっとなるかってヒモがうまくかからず、まとまりかけていた段ボールや雑誌がばらけてしまい、やり直しをしないといけないこと。

段ボールのヒモかけは比較的慣れている私ですが(百貨店時代、かけまくっていました)、それでもイーーッとなることも少なくなく、家族が購入した物が入っていた段ボールが多いときにゃあ八つ当たりをしてしまうことがわりとあったことは秘密です。

そ・れ・が!
むしろちょっと楽しい行為に変わったのは、こいつのおかげ
WQPKxCSWQo.jpg
ハンディラップ〜〜
(ドラえもん風に発音して読んでください)
一年ほど前に片づけ収納ドットコムの編集会議でこのネタがあがったとき、ちょうど使いはじめたばっかりだったので、やたら盛り上がった記憶が。

私が使っているものはAmazonで購入したものですが、100均でも売っていると知りびっくりしました。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6278.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6279.JPG
今では月曜日の朝にイライラしながら、バタバタ焦ってまとめるのではなく、日曜日に余裕をもってスタンバイさせることができるように

ラップを巻く時のなんともいえないキューッと感(え?わからない?)と、軽く手で引きちぎったあとペタっと貼りつく感覚がたまらないので、ストレスが楽しみに変わりましたとさ。

ちなみに片づけ収納ドットコムで記事にしたときに読者の方から、「段ボールのリサイクル時や回収時にトラブルはないのですか?」と質問があったので自治体に確認したところ、少なくとも編集チームメンバーの住むエリアでは問題ありませんでした。

ただ資源ごみの回収方法は地域によって異なりますので、詳しくはお住まいの自治体にご確認のうえ、ご利用くださいね。


↑このページのトップへ