月別アーカイブ / 2010年01月

昨日は本八幡3rdステージでライブでした。

大晦日のシークレットを除けば7年ぶりくらいでしょうか。

楽屋に川口と井上とよっしーの元カノがやっていたバンドのステッカーを発見。

どうやら店長とも面識があるようでなんか違和感。

この日のバンドはライブが三回目でしたが、これをもって特にスケジュールがなくなってしまいました。

また前日リハでドラムのかねやんが作ってきた曲をいきなりやりました。

他のみなさんはいいかも知れませんが私、プレッシャーでございます。

前日は夜中までスタジオ居残りましたよ。
(2時間くらい田原俊彦と郷ひろみの練習してたけど)

ライブ後は渋谷乙へ。

MEANINGの最近作った曲を一発撮りレコーディング。

リリース用ではありませんが結構良く録れたので友達にくばっちゃおうかな。

7時くらいに終わったのですがウダウダしてたら8時すぎ。
そのまま仕事に行った日高くんはかわいそう。

そら訳の解らない日記も書きますわ。

私も家に着いたのが10時。

年明けてからなぜか忙しく完全に体調おかしくなりました。

ちょっとひと段落して2日間お休み。

そして11日に初台WALLでA.O.W。

MEANINGは13日の新潟が初ライブ。

結局デモは間に合いませんでしたが、22日の大阪には間に合う‥予定。



http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=43082&category=A
というわけで、二年連続年度代表馬。

46年ぶりダービー制覇(戦後初)

日本牝馬初のジャパンカップ制覇。

天皇賞秋制覇(一昔前ならこれだけでも最強牝馬)

安田記念連覇。

ルドルフ、オペラオー、ディープに並ぶ七冠馬。

これだけやってもまだスカーレットのほうが強いと言われる。

ドバイを勝ってもやっと評価はトントンくらいですか?

同じ世代に歴史的名牝が産まれたのが奇跡なんですけどね。

スカーレットは牡牝混合G1は有馬しか勝ってないし。(ウオッカ5勝)

故障などで休養の多いスカーレットに対してウオッカは二歳から4年連続G1勝ち。

この3年間競馬界を背負ってきたのはウオッカですよ。

無事是名馬なり。


といくら言っても。

2勝3敗で負け越し。

秋天はダイワのほうが強かった。

史上最強はダイワ。

だのなんだの言われるわけです、一生。

ま、そんな論議も競馬の楽しみ。

そして今年からは二頭とも母として第2の人生での戦いに。

孫の第まで名勝負を期待したいものです。

ウオッカ系

スカーレット系
(スカーレットはそもそも名牝系ですけどね)

として枝葉を広げてその血が広がっていく事を祈る。

それが競馬のロマンですね。




なぜかPCを持って奥沢を徘徊するよしむら。
あいかわらず気がふれている。



そらおじさんに話かけられるわ。



なんか昔プロギタリストでブルーコメッツのぼうやだったそうです。

さすが奥沢。

長島茂雄の家も近いだけある。

↑このページのトップへ