月別アーカイブ / 2009年12月

高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし-CA3C0120.jpg
僕は空気がよめる高田くん。

真の解禁日はまだ先だと知っている。
高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし-CA3C0121.jpg

だから載せたい画像もまだ載せないの。

高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし-CA3C01190001.jpg

解禁ボーイズに乾杯。
高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし-CA3C0131.jpg

だからヨシザキにしておこう。
最近ブログをみてくれてるキノコちゃん、高田はこわくないよカッコワラ。

高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし border=
普通に外れた件。

本命馬が競走中止するわ。

去年本命にしたドリジャが圧勝するわ、相変わらず相性の悪さを露呈。

マツリダくんはプラス12キロ。
あのペースで前を潰しに行ったがその直後先行策のブエナビスタに来られたように展開も厳しかった。
ドリームジャーニーは今年向かないはずの春天で三着したり秋天も六着とさほど負けていない。
得意の小回り中山で
その強さを発揮した。
宝塚の時も思ったが身の入った素晴らしい馬体。
二歳で朝日杯を勝ったときもすごい脚だったが今は力強さを感じる。

ステイゴールド、メジロマックイーンと晩成の血のなせる技か。

本命にしたスリーロールスは残念だった。
恐らく引退か。
勲章が菊花賞だけでは種牡馬入りは微妙だろうか。

来年の古馬の中心にもなれる器だと思っていただけに残念だ。
ブエナビスタは先行しての横綱相撲。
三着を離しての二着は素晴らしい結果だろう。
この競馬が出来た事で来年が楽しみになった。

フォゲッタブルも不利な大外枠からよく頑張った。

良血で人気のある馬だし春の天皇賞は絶好の舞台。
オウケンとの一騎打ちを期待したい。

今年も有馬が終わってしまった。

サンデーサイレンス最後の大物、マツリダゴッホが引退。
今年はついにGⅠ未勝利におわった。

二歳はキングカメハメハが牡牝ともにチャンピオンを送り出しネオも負けじと今年もクラシック候補を輩出。

競馬は新しい時代を向かえている。

決まりましたか?

あなたの夢。

わたしの夢はスリーロールスです。

まず今回の有馬記念、出走馬のレベルが低いとされています。
たしかに3連敗中の三歳牝馬が1番人気
では…

2番人気も前走秋天六着。
3番人気は同レースで二桁着順。

秋天、JCの上位馬はすべて回避。

全出走馬の中で前走勝っている馬は菊花賞組の二頭のみ。
(馬券に絡んだのもこの二頭くらいか?)

たしかに低レベルだ。

だが引退したカンパニーは距離が長すぎるし、スクリーンヒーローも府中巧者。
ウオッカも中山ではいらない。

オウケンも小回り中山は不向き。

それこそレッドデザイアが一番適性ありそうだったがローテ的に無理がある。

ようするに出てきても勝負にならない馬ばかり。

三歳は皐月賞馬アンライバルドがこの秋は不振だが前期の菊花賞組は勢いがある。
共にダンスインザダーク産駒で中山適性がどうかという意見があるが、この二頭なら問題ないと見る。

今までのダンス牡馬の一流馬といっても切れ不足のザッツやメルボルンC勝ったの(名前が出てこない)やマイラーのツルマルボーイとはタイプが違う。

事実フォゲッタブルは前走中山で勝利。

スリーロールスは先行差しの脚質もいい。
4コーナーで先行馬を全部マツリダがつぶしに行く。

その後ろから抜け出してくるのはこの馬だ。

対抗にマツリダゴッホ。

3番手にはドリームジャーニーとブエナビスタ。

押さえておくべき馬はたくさんいるが中心はこのあたり。

有馬11連敗の理由を自分なりにこの1ヶ月分析してみた。

今年は負ける気がしない。

↑このページのトップへ