月別アーカイブ / 2009年11月

昨日は朝からMEANINGリハだったので前日からスタジオに前乗り。

朝みんなが来る前にコンビニに行こうと外に出ると。

な、なかちゃん…

いや地井さんが明らかにちい散歩のロケをしていた。

バカみたいにリュックを背負っているではないか(いい意味で)

カメラマンとディレクターくらいでやってるかと思いきや、なんだったら10人くらいスタッフが同行していた。

おい、それはもう散歩じゃねえだろう。

そのリュックもってもらえば?

しかしその問いは届くことなく明らかに異様な集団は奥沢から自由が丘に下っていった。

あれでは地井も散歩と言う名の公開処刑だ。

ほのぼのした番組の裏で地井は戦っていた。

オレは気づいてやれなかった。

男ぞ。

男の中の男ぞ。


なかちゃん。

温泉

温泉出た。

高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし-CA3C00550001.jpg

高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし-CA3C0045.jpg

湾岸ミッドナイト第2ステージC1ランナー発売いたしました(何度でもいうぞ)

悪魔のZとブラックバードのポルシェ911はしばらくお休みです。

なんかちょっと読切りで終わるかと思ったらガチムチに連載してますね。

最後のエピソードでライバルとして登場した荻島のFDを中心にした物語です。

本編でもRGO絡みの話がやたら多かったですが今回もそうです。

ま完全にマンネリ化してましたからこっちも新鮮ですよね。

いままでの最強の挑戦者は33Rの黒木だと思いますが皆さんはいかがですか?

ドライバーが良くても選んだ車種がハンデだったり(ランエボのエイジ、FCの城島などがそうだ)

車は完全に最強の仕上がりでもドライバーが乗り切れないパターンもある(ケイのスープラ、エース後藤製作の32Rに乗った友也がこのパターン)

だが黒木は最強だった。

湾岸超高速エリアで911ブラックバードを完封し、島はフルモノコックボディを選択するきっかけになった。

そしてZともほぼ相打ち。

しかも一匹オオカミな性格がたまらなかった。

最後の台詞が「おれは一生スピードの虜だぜ」

なにをいまさらと言いたくなってしまうのも無理はない。


というわけで明日は新代田FEVERでMEANING企画です。

$高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし

今バンド名を考えています。
出来れば日本語を散りばめた感じが良いかなと。
確変カンパニーも悪くない。

モンゴリアン侍とかミラノ風ミトコンドリアとかいう感じでカッコいいのを考え中です。

初心に返ってモハメド蟻とか。

それはさて置きカンパニーがいきなり三連勝で有終の美を飾りやがりました。
八歳て昔でいったら九歳よね。
ほんと凄い。

ここに来て母父ノーザンテーストの成長力が爆発した感があり、もう一年走らせたいくらいです。

種牡馬としてはここで引退するのがベストなんでしょうがそれくらいこの3戦は強かった。

今日も相手が楽だったとは言え四コーナーから抜群の手応え。
かっこ良すぎだよカンパニーくん。

サンデーもミスプロも入っていない血統は魅力。

がんばってほしいものだ。

↑このページのトップへ