月別アーカイブ / 2009年02月

高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし

色んな意味で打ち合わせが必要な時期であります。


私は今までどうりグローイングアップという事務所に所属しているわけですが。


MEANINGはいい意味でまだ所属先が決まっていないんです。


ただ、早いうちにミニアルバム的なもの。


年内にはファーストフルアルバムを出したいということに脳内ではなっています。


でもそうすると夏にレコーディングとか曲作りとかしなきゃなりません。


そこで僕は(最年長)言い放ったんです。


「俺の夏はどこ行くんだよ。」


そしてクレイジーにも同意するメンバー。


「ですよね。」

「海とかいけないじゃないですか、やめましょうか。」


大丈夫なんでしょうか、MEANING。


きょうはムラマサちゃんを見に行きます。スネイルランプ先輩も久々に見れそうなので楽しみだ。


高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし

桜新町の妖精、まるおかくん。

ここでは日高君ばかり登場するのでそろそろ他のメンバーでも紹介していきましょう。


ドラムのハードゲイ井上です。


勤務先は新宿です。


高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし


よし、いったん落ち着こう。


多分ハードゲイでは無いと思うのでご安心を。


ハードゲイの方に失礼ですかね?


彼のドラムは非常に安定しているのでその上でフラフラしてればいいのですごく好きです。


最近気づいたんですが、彼とギターよっくんは年齢が9コ下なんですよね。


いいなー。


今年で24歳ってなに?


今年33歳なんですけど。


え?33?


なに33て。


もう40歳じゃん。


朝倉南38歳でーす。


もう明日から気分的には40歳くらいなつもりで生きていこう。


40っていったらもう50歳みたいなもんだよね。


人生終わりが近づいてきたってことでいいね。


とりあえずがんばってみよう今年。ダァー。



高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし

ライブ会場はゲレンデ。

奏でる音でシュプールを描く。


イントロはボーゲンだ。

人生に回数券は無い。


ピンクの悪魔、日高隼人は頭がおかしくなってしまったようだ。

東南アジアが彼から何を奪ったというのだ。


ちなみにこの奇跡のショットは光の加減でノーメイク。


得意技はライハン。



高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし

ライハン


ライハン


楽しかったです。高崎。


四月も行きます。

高田雄一の鞍上人なく鞍下馬なし

マイスペに鬼畜、日高隼人のインドネシア日記がアップされています。

写真もいっぱいあるよ。




↑このページのトップへ