photo:01


名古屋より帰還。

スタッフの鉄人コデンマクボタが帰り道で力尽きました。
photo:02


photo:03



ダサいねコデンマくん。

起きっぱなしのクボタ。

ライブそっちのけで仮眠をとった高田。

勝負は一瞬であった。

板橋組を乗せたクボタ号を置き去りにし渋谷到着したMEANING号。

クボタくん、起きてりゃいいってもんじゃないのだよ( ̄▽ ̄)

この作戦の難点はLIVEあとの記憶が無くなるのと誰にも挨拶できない事くらいだ。

クボタはまだ浜名湖で肉巻おにぎりでもたべているのだろう。

多少のリスクは犠牲である。

この調子でツアー中も打ち上げをブッチし続ける。

戦いは始まったばかりだ。