photo:01


有馬後のこの虚無感は毎年堪え難いものがあります。

悲しみ。

金杯にレーヴディソールが出てこようがそんなものは年末の盛り上がりからすればまさに後のカーニバル。

photo:02

photo:03



10分ほど放置されたカレー。

怖いです。
亡き友に捧げたのか?と話題になっていました…

photo:04



photo:05



有馬後首ツリーでお馴染みクリスマスツリーです。

あの絶好の展開で負けたブエナ、
ヴィクト。

だがしかし状態以前に内にいた馬がその他のレースでも沈む馬場。

一見不利に見えたオルフェのコース取りは実は功を奏していたのかも。

それを抜きにしても素晴らしい強さ。

あれで人気がそうでもないのはやはりスプリングSまで惜敗をくりかえしていた点と父がディープじゃない事。

あと鞍上がまあ…

福永だったら人気出るのかな?

やっぱりスター性という事で言うと武豊に匹敵する騎手ってなかなか出てくるもんじゃない。

実際ディープの時と菊の入場数は大きな違いがあったようですし。

ま、でもやっぱ血統ですかね。

あんなに綺麗な馬なのに人気ないんだもんな。

無くはないんだけど。

強くてもなんか人気ない馬っているんですよ。

テイエムオペラオーとか。

わかりやすく言うとセナとミハエルシューマッハの違いですかね。

総じてスター性というわけですね。

でも池添くんの大舞台での強さはやはり尋常ではありません。

三冠とって有馬も二勝目って。

凱旋門とかあっさりとっても驚きはない。

photo:06



死闘は続く…