気づけば
夏は日焼けから守り冬は温め
いつも私を後ろから見守り
時にハンカチがわりに
時に女にさせてくれた
何百何千もの一本達よ、ありがとう
新たな断面に生まれ変わり
のびのび、生き生き、私の頬周りを遊んでね
常に新たな気持ちで向き合う事、忘れないでね