スピリチュアルでダイエット⁈

若年層で何かと問題視されているダイエットですが大規模な実証データによって、どんなダイエットでも効果はほぼ同じということがわかっちゃいましたね。

大学で受けている栄養学の観点とスピリチュアルフードについてお話しますね。

霊感アーティストの平綾平(たいらのあやひら)です★

ZHpg8K0SLQ.jpg

リンゴダイエットでも、炭酸ダイエットでも、
効果はほぼ変わらない。びっくりしちゃいますね。

つまり、自分が続けられる、自分に合ったダイエット方法を見つけたら簡単にダイエット出来ちゃうんですね。無理にしたりすると続かなくなったりトラウマになってしまうものです。

講義を受けさせて頂いている先生は東洋医学の五行説を西洋医学の栄養学に関連させて教えている先生で、とってもためになる講義をしてくれます。

中国古来から伝わる五行思想ですね。
人の体は5つの要素で構成されているというものです。現在でも、顔色や触診に使われていますね。

五臓六腑という言葉があります。
五臓とは、肝・心・脾・肺・腎です。密接に繋がってそれぞれ機能があります。

もちろん、それを補って助けてくれるのは栄養素です。栄養素には自然の色彩があり、彩りを摂取する事で心身のバランスが取れるようになります。

夏野菜は身体を冷やし、冬野菜は身体を温めます。

話はスピリチュアルへ!

これを食べれば、霊感直感が上がる食べ物はないとは言えないですが、前世の記憶を思い出すことはあります。

スピリチュアルフードは自然の摂理に適った食物のことです。お腹いっぱいの狼は目の前に羊がいても襲うことはない。稲に生息する虫は稲が枯れてしまうほど食べたりはしない。

ある意味、人間だけがよく深いのですね〜。

スピリチュアルフードとは、
「旬」と「取り立て」食材のことです。
エネルギーが高く、細胞レベルで活性化してくれます。新陳代謝を良くしてくれるのです。
ダイエット効果も抜群ですよ!

何が旬なの?
大丈夫です、スーパーに行けば安く沢山ならべられているものですよ!

心身の健康はチャクラ循環を良くして直感力、運命に対して行動力を高めます。

旬と色を加えてバランスの良い食事をすることで、スピリチュアル的にダイエットが上手くいきます。

たいらのあやひら

公式アカウント登録はこちら

H3_SaSuyar.jpg


運命の出会いと上手に歩くためにはペアが必要なんです!

魂の色を描く霊感アーティストの平綾平(たいらのあやひら)です☆

Xdb2WgTP5E.jpg
スピリチュアリズムでは出会いは必然だと認識されます。出会いには意味があり、前世でのソウルメイトであると。

認識として間違いではないですよ。
ただ、運命の出会いは必然ですが その後 共に生きていくことは必然ではなく「学び」ということを忘れてはいけません。
魂には「生前プラン」と「自由意志」で運命決定をしています。

点と点が結びつき、それが線として成り立つかは自由意志ということになります。


好きすぎて束縛してしまう。
すぐに感情的になってケンカしてしまう。
気になってしょうがない。
目を背けてしまう。

運命度が高いとこのような現象が起こるのです。
もちろん、懐かしい、切っても切れない、共通点がたくさん見つかる、偶然が重なるといったことも起きますね。

運命の人との出会いを斡旋していきたい私ですが、
今回は魂的にも認知科学からでも「ペアルック」をお勧めします!

ペアルックといえば、
同じTシャツのような外見を想像しますが、
共通点という隠れた要素もあります。

隠れたといえば、下着も良いですね。
もちろん、思い出の共有も良いのです。
旅行に行ってペアのものを買ったりと。

運命の人は共通点が用意されていることがあります。
運命を気付かせるヒントがあるのです。
出身地や生年月日、生い立ちもその一つです。
さらに言えば、懐かしいや怖いこと、好きなものや憧れのような前世からの感情さえもです。

それらは二人だけの秘密となり、運命の出会いを密接に繋げます。

出会いだけでなく、共に続けていくことも大切なんですね。

心より祈っています。

たいらのあやひら

@rwu1447w
@を忘れずに
MPsciim4mC.jpg

臨死体験をして人生が変わった。
臨死体験は再認識のキッカケなのです。
誰にでも起こり得る現象なのです。


魂の色を描く霊感アーティストの平綾平(たいらのあやひら)です☆

xodKxYKmAX.jpg
何かしらの偶然が重なり、死に直面する。
自分の姿を見た、三途の川を引き返した、光に包まれた人と会った。

脳科学は文化と信仰が重なり見せた脳の幻覚だと言います。現在、臨死体験はその状態を作り出せるところまで科学技術が進んでいます。

ただ臨死体験の意味を問うことはなかったのです。

魂は生まれる前よりベクトル。つまり方向性と長さが存在しています。それを再認識するための体験なのです。

☆☆☆

私は13歳の頃、突然4時間、気を失ったことがあるんです。その後、精密検査も受けましたが異常はありませんでした。

あるメキシコ人のサイキッカーが僕に言ってくれました。それはソースにアクセスする、ダイブする事なのだと。

秋風吹く季節だった、ある広い公園を歩いていた時、
後頭部の辺りにピリッと電気が走った、丁度、短い針で刺されたような痛みがあった。

僕が気を失って見た景色は三途の川ではなかった。
結晶化された光の粒が宇宙に漂っているようだった。
それは一つの方向に流れているようで、光のスペクトルとして色が認識され光の糸が織られている。

強く光る方に進んでみると階層のサークル(円形)が存在していて、次の上の階層に導かれている。それが永遠と続いて最後には眩しくて目に見えない所に続いている。

急に息が白くなり寒さに襲われる。
冷たい空気が肺を凍らせる。
息ができなくなり、一度死んで、僕は目が覚めた。
公園の芝生の上で日が沈んだことを知ったのだ。

このことを経験してから導かれるように、海外に行き、サイキッカーと運命的にめぐり合うのだった。

☆☆☆


人は生かされているのです。
心臓はなぜ動くのか、動力はどこから来ているのか。
誰も知ることは出来ないけれども、霊を見たり、出会いに運命を感じたり、臨死体験は起こる。

目の前のことが辛くて目を伏せてしまうかもしれない、出会って愛情の中で苦しむことがあるかもしれない。それは全て運命的な意味があるのです。
魂は光り輝いているものです。誰もが光に気づき幸せになれます。

ちょっぴり勇気を出して、半歩前に進んで見てください。扉は開かれますよ!

たいらのあやひら

公式アカウント

bBZwWJ8723.jpg

↑このページのトップへ