超能力を実証しようとした戦後科学、ソ連と米は同じ結論に至っていた。

魂の色を描く霊感アーティストの平綾平(たいらのあやひら)です★


mOa9fRPtuT.jpg



9月になりましたね。
数秘術的に「9」は直感を表します。
ということで、今回は直感に関わる現代科学のお話をしたいと思いますよ。

「9」は直感・想像・夢も表しますが、妄想や現実逃避にも関連していますからね。現実的に考えることも大切にしてみてください。

さて、
「人間は5秒先の未来を感じている」

この事は、スピリチュアラーや科学者の間で有名な理論で、冷戦時にソ連と米が超能力つまりは透視などの実験をする中で明らかになった事なんですね。ディスカバリーチャンネルでも取り上げられることが多いですけど、確証のある理論です。
ただし、超能力は未だに確証は得られていないとされています。政府がどこまで隠しているかは別としてですね。

実験は脳波計と共に行われ、図形や選択肢が書かれたカードを提出する前に人間の脳は選択しているというの脳波が計られました。

この時代は人体実験も多く行われていて、姿形を見ていなくても、危険なことをされると脳波は「5秒前から反応する」こともわかっています。

この事実は現代でも応用されていて、超能力や未来予知を信じる多くの科学者だけでなく、一般相対性理論やひも理論にも言えることだと賛否両論されている事なんですね。

話を私たち日常に置き換えて見ましょうね。

「人間は5秒先の未来を感じている」

所謂、「直感」というものでしょうか。
ただ、ここでいう直感というのは曖昧で抽象的概念ではなく、「5秒先の未来を感じている」直感を表しますよ!


・迷ったら直感を信じるべし

・危険な感じがするときは一呼吸、置くべし

・好きな人、気になる人との相性は会う5秒前の感情を思い出すべし

※すぐ当たる宝くじにも応用が効くかもしれませんね。

5秒先の未来を感じる事でどんなメリットがあるのか、皆さんも教えてくださいね。



読んでいただき、ありがとうございます。

霊感アーティスト たいらのあやひら

公式アカウント

Sn_AHYTBSr.jpg

五感で一番、脳に影響があるのは匂いだそうですよ♬

魂の色を描く霊感アーティスト、平綾平(たいらのあやひら)です★

genvREruzm.jpg


誰もが潜在的に持っている霊感も五感の延長上にあるものです。好きな人の行動がそこにいないのに視覚的に視えたり、何かが触れた様に神経で触覚を感じたり。

そして、「匂い=嗅覚」も亡くなった人が近くにいると線香やカビ臭く感じるものなのです。

さて、話は「匂いで相性を測ること」です。★

相性といっても、
人だけではなく、食べ物や場所も関係するんですね。というのも、嗅覚は遺伝子との関連が現代科学で分かっています。

結ばれない人や嫌いな人には「嫌な匂い」が脳や遺伝子で感じるのです。

遺伝子記憶が注目を浴びていますが、
記憶(前世)にも匂いの遺伝子が含まれます。

さぁ、その人は運命の人ですか?
気づかれない様にそっと、その人の匂いを測って下さいね。

・良い匂いがする
・安心する、落ち着く
・懐かしい感じ
・元気が出る
・癒される

などポジティブな匂いは相性が良いと言えます。
逆に臭い、嫌な感じなど匂いに否定的なものを感じる時は遺伝子も霊的に相性は合わないと言えます。ただ、匂いの研究も進み、加齢臭、疲労臭、病気臭などもありますので一概にダメ〜とは言えないところでもあります。

ただ、
O型の血液型が狩猟民族の血を引いていて、動物性タンパク質を分解ができる様に、

ダイエットや住む場所、人とあらゆる相性に応用できますね。匂いを嗅いでからお食事をすることは行儀が悪いとされていますが、匂いで今の身体が受け付ける食べ物が分かったりします。
その意味では、ダイエットに進展が見られるかもしれませんね。

特に匂いと記憶の結びつきは強く、前世を垣間見ることが世界中で起きている現象です。
匂いで前世の記憶が目覚めるということもあるのですよ!

クンクンと匂いを嗅いでいると変な人に見られちゃうので、内緒でやってくださいね。

読んで頂きありがとうございます。

たいらのあやひら

ちょっと知っておくと良い霊的知識
公式アカウント
TqhAgVQoVT.jpg

今年の夏に叶ってほしいことってありますか?

魂の色を描くアーティスト、平綾平(たいらのあやひら)です。

願い事。。。
恋愛ですか?ダイエットですか?
仕事に、家族に、健康に、金運と。

色々ありそうですね。

これから、とっておきの「おまじない」を教えますが、悪用禁止ですよ!
「呪わば穴二つ」という言葉があるように、
「おまじない」を「お呪い」にするとバチが当たりますからね。

qthIly5D2O.jpg


「おまじない」の歴史はときかく、古いです。
農耕民族ならば、雨乞いという「おまじない」をしますものね。
文化人類学の記述を目にする機会がありまして、
「おまじない」は立派な文化なんですね。

日本というのは海に囲まれた独特な文化を発達させていますね。災害も多く、アニミズムという思想が色濃くあります。

「あの大木には神が宿っている」

宗教的にではなく、心から安心するのです。

日本人の遺伝子には、直感的で自己防衛本能が強く、ストレスホルモンのコルチゾールを沢山分泌してしまう特性があるのです。
そこで発達した「おまじない」文化です!


悪用しないことを誓ってみてくださいね。


【御饌米】という神道系の「おまじない」です。

神社に行くとお米をもらったことがありますかね。それです。霊力が宿った米を「神人共食」において、頂くことです。

ここからが本番です!

1、ミネラルウォーターでも、水道水でも構いません。神水を作ります。オメオパシー理論に基づき、願い事を込めた水を作ります。

2、その水を枕元に置いて、寝て一晩明かします。
深層心理において、伝導させます。

3、適量のお米をその水に含ませ、30分ほどおきます。神水を含んだお米の出来上がりですね。

4、その米を炊くときに一緒に食べても良いですし、再びお天道様で乾燥させて持ち歩いても良いです。

5、願い事が叶うわけです。効き目大ありです。
持ち歩いたお米も叶った後は食べてくださいね。




読んでいただきありがとうございました。

心より応援しています。


ココロアート
たいらのあやひら

公式アカウント
2u3f2WU2zY.jpg

↑このページのトップへ