また1年が経ちました。

ミュージシャンとしてこの日を迎えられたことに心から感謝いたします。
いろんなことが当たり前ではないことを日々強く濃く思うようになっていきます。

12年前、音楽の神様と
今日もミュージックシーンのトップを走り続けているアーティストさんに頂いたこの音楽人生。
自分なりに頑張ってきたつもりではありますが、
日々まだ知らないことに出会う度、次はもっといい曲をとまた新たなハードルを見つけられます。

12年間音楽を続けて来られたのは、
デビュー作以来、それに恥じない音楽をと、
ある意味での使命を与えていただいたからに他なりません。
思い出すだけで涙が出そうになるあの日の出来事を、
自分の実力だったという日は一生来ないでしょう。

信じれば叶うかもしれないと、
そういう歌詞をたくさん書いてきました。
これからもたくさん、書いていきたいと思います。

そして来年も再来年も、
いつまでも、この日が迎えられますように。

今年もまた感謝を込めて。

 

多田慎也