ウチの姫も日々順調に成長してきているのですが


『お宮参り』と『お食い初め』というのをしてきました。


本当は別々の日程なのですが
昔に比べて忙しい世の中になってきましたからね
いろいろとまとめて行っちゃうのもアリ!
って事らしいです。

まあ新生児のための『儀式』というやつですね。

こういうのはなるべく伝承してあげたいなぁ~と思っています!!
2018-1206.jpg
で、お食い初め(おくいぞめ)の時の写真なのですが
この写真の左側。
朱塗りのお膳があるじゃないですか。

これ……

実は……




40年前に、僕が使ったやつなんです!!!!!!!!!!

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?





どうやら実家の奥底に仕舞ってあるのを両親が発掘したようです(笑)
これ漆器なんですが、漆もその上の金箔の装飾も、何一つ汚れや劣化がなく
本当に40年前の漆器なの!!???
ってビックリするぐらい綺麗だったんですよ!!!!!
なので、色味は全体が朱(男の子は全体が朱、女の子は外側が黒で内側が朱)なのですが

いや、色よりもさ。

40年前の漆器が受け継がれていくって……

面白くない!!???

という話し合いになり。
めでたく我が家では満場一致で伝統の受け継ぎをすることにしました☆

いや~でもさ
40年前の漆器が今でも綺麗なまま使えるって。
昔の職人さんの技ってすごいよねぇ!!
高価な物だけ年数を経ても変わらず使えるっていうのは
古き良き日本人の素敵なところだなぁ~~~って思いました♪

ちなみに。
この漆器が入っていた箱は、さすがに紙製だったのでボロボロになっていたんですが
箱蓋の裏に僕の生年月日が毛筆で書かれてあって、ちょっと歴史を感じました。
さすがに箱は捨てないといけないので、僕の代で桐箱を新調しようと思っています。
んで、その箱蓋の裏に『僕の生年月日と姫の生年月日』を入れてやろうとか。

受け継がれていく伝統。

なんかちょっと、ほっこりした出来事でした (*´∇`*) ホエ~