2/28 29 3/1 は、金銭取得や財政プランに関して問題が持ち上がるかもしれません。客観的で現実的でいられるなら、予算の見直しや、仕事の仕方や関わり方、ライフスタイルの重要な要素を再考するのも有益でしょう