6/5 6 7と、月は専制君主の冥王星の正反対の位置を通過し、過去の問題や、内部の問題を表面化させるかもしれません。そして、それはもしかすると、6/19ごろに引き起こされる対立の前哨戦に過ぎないかもしれません!

#橘さくら#それすらも前哨戦#7月が正念場#体力温存で#訴訟