まえにも書きましたが、

いまはトルコで
ワークアウェイという制度を利用して
ホームステイ生活をしています。

ワークアウェイというのは
無料で宿と食事を提供してもらう代わりに
1日5時間ほどお手伝いをします。


今までイギリスとスペインで
2回のワークアウェイを経験して
いまは3回目のワークアウェイ。


どのホストファミリーも
すごく素敵な方たちでしたが、

今回のトルコで出会ったご夫婦は

私たちをいろんなところに
行かせてくれようとします。


この家族と出会ってから
まだ10日。

町のいろんな人に
あわせてくれて

町の中をいつも
案内してくれます。


そして
休みをたくさんくれる。


普段も
午前中と夕方とに
少しずつ働くだけなのに

そこにさらに休みをくれる。


パラグライダーの聖地と言われている
近くの海に行ったり

この前は
1泊2日で世界遺産の町に
行ってきなさい。と

パムッカレに
小旅行に行ってきました。


そして今日
またお休みをくれました。

ワークアウェイでは
無料でご飯と宿を
提供してもらう代わりに

1日5時間ほど
働かないといけません。


たぶん、
絶対に足りてない。


パパとママ:明日はオフでいいよ!この前と違う海にでも行ってきたらどう?


大地:こんなに休みもらっていいの?


パパとママ:もちろん!

もうこんなところ、一生来ないでしょ?

せっかく来たんだから、ここの手伝いをするより、色んなところに行って色んなことを見る方が大切だよ。


そんなことを言ってくれました。


本当に本当に
山の中の小さな小さな町で

ワークアウェイで
出会わなかったら
絶対に一生知らなかった場所  人 。


ワークアウェイを
経験すればするほど

ワークアウェイの
素晴らしさが
どんどん見えてきます。

お金のやりとりは
全くないからこその

愛 や 優しさ が
溢れている気もします。


ワークアウェイが
もっと日本にも広まるといいな。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9729.JPG

*. インスタグラムはこちら