人生初のTIFに参加するべく
お台場へ行ってきた。

仙台の友達に6月ぶりに会えた。気持ちのボルテージが頂点になり、神奈川から一緒にお台場まで行き、着いた頃には天気も良くて、最高の夏の日だなとか思ってた。
ごきげんな中、何気なくポケットに手をやった。



チケットがなかった。



熱かった身体が一気に冷えた。

チケット忘れたらダメだよね、などと笑ってた朝の自分を思い出した。
同時に玄関に確実に置いてきたことも思い出した。
一緒に来た友達へ先に行っててもらう。
そうして私の人生初のTIFの午前中はつぶれた。


戻って友達と合流して話しながら歩いてるうちに楽しすぎてもうこんなんでも最高に楽しい、と心から思った。
チケット忘れたことも帳消しになりそう。



_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9188.JPG

Maison book girl井上唯ちゃん新衣装。
もともとのあがり症恥ずかしがりのせいで
可愛すぎて並んだはいいけど頭が真っ白になった。
とりあえず前のやつよりも涼しそうでよかったとか思った記憶はある。
戦士みたいなのにかっこいいより可愛い。
とにかくかわいい。スカートひらひらしてた。

可愛すぎてもう死んでもいいです!!
とか口走ってしまう僕に対し唯ちゃんは
真顔でふぅん。って感じだった。
めっちゃすき。
アワアワしてる自分に「いいでしょ」とか「この衣装でライブできるか不安なんだよね」とか話してくれて優しい…かわいい…いつもアワアワしてごめんねって感じだ。

こういう正直であまり動じないところがすごく好き。どんな話をしてもいつも楽しい
ぶっちぎりの推しメン。



18時、ドリームステージ

十六歳
lost AGE
karma
おかえりさよなら


ただただエモかった。

夕方曇り空にブクガが映えてとても綺麗だった。
ドリームステージが何よりも綺麗な空間になった。
全体が見たくて、階段の上からブクガを見た。
ずっと続けばいいと思った。

おかえりさよならを風に吹かれながら歌う4人がとんでもなく綺麗。
声を振り絞って歌う感じととても合っていたし、
あと外で聴く十六歳が大好き。
lost AGEのクラップ、隣の人がエッなに、ムズwすごwって言ってたのが聞こえた。
やっぱりブクガの4人のステージがとても好きだと思ったし、さらに好きになった。



終わってからお互い「探していたよ。」と言いながら友達に会った。
ワックが終わってから全力ダッシュしてブクガ見に来たらしい。かわいい。


何回聴いても飽きない曲ばかりだ。
好きな音楽は聞くほど素敵になっていく理由は、音楽に思い出がプラスされる影響がデカいことを改めて思い知りました。





_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9196.JPG
人の金で焼肉食べたい。