スタバのホワイトチョコレートスノーをご存知でしょうか。

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1168.JPG
これです。

11/22日から発売した冬季のホワイトチョコ新作ドリンク。


ホワイトチョコ大好き芸人の私なので、これは飛びつく勢いで買いました。
いや、むしろもう目をキラキラさせながら飛びついた。こんな飲み物を待っていたからだ。




期待に胸を膨らませ飲んでみました。





…これはなんだ…こんなドリンクがあっていいのか。おいしい。おいしすぎる。
シンプルに甘い。あたたかいホワイトチョコレート。甘党なのでホイップ増量して甘甘ドリンク。
たまらない。
オムライスにガムシロップをかけるほどの甘党の私も大満足だ。
私の冬が始まったと思った。
ホワイトクリスマス。ホワイトチョコレートスノー万歳。
まさに ふっゆ〜が はっじ〜まる〜〜よっ って感じだ。



私はそれを飲んだ日から、ホワイトチョコレートスノーの事しか考えられなくなった。
まさに恋のようだった。
何をしててもあの甘さを欲した。
気づいたら仕事帰りに毎日、ホワイトチョコレートスノーを買いに行ってしまう身体になっていた。
私は自慢げにスタバであたかもオシャレ社会人が仕事帰りにサラッと寄ったような顔をしてホワイトチョコレートスノーを毎日頼んだ。
本当はそれだけを楽しみに仕事を馬車馬のように頑張っていたというのに。
人間とは飾るものだ。






そんな毎日を送っていたら財布の中身も冬のように寒くなっていた。
それはそうだ、飲み物とはいえあのスタバ。
1つ頼むだけでも500円。
4日で推しに会える値段になる。



そして思った。
「家で作れるのではないか」




思い立ったが吉日、
早速牛乳とホワイトチョコレート、ホイップクリームを買って帰った。
足取りが軽かった。
新しいゲームを買ってもらった幼き日を思い出した。
これが成功すれば素晴らしいウインターライフだ。胸はとても高まった。



いざホワイトチョコレートを割ってデカめのマグカップに入れ、
牛乳を注ぎ、レンジで温める。
温まったらクリームを乗せて、一口飲んだ。




…革命だ!!!!!!!!!!!革命が起きた!!!
成功だ。
スタバのあの味。家で成功させてしまった。
コスパは4/1。天才なのではないか?
バケツプリンのように、たくさん飲みたくなった。


夢だった。
たくさんのホワイトチョコに埋もれ、
ホイップクリームを乗せる。
その夢を叶えた。





だがしかし



致死量レベルで作った事を後悔した。
最悪だ、飽きて来た。
甘さに酔ってきた。
大好きなものだから残してはいけないと思い、脂汗をかきながらなんとか全部飲んだ。




気持ちが悪くなった。
渋いお茶をすぐに飲んだがなかなか治らなかった。


私はもう、ホワイトチョコレートもホイップクリームも絶対に見たくない。





冬が終わった気がした。



どんなに大好きなものでも、求めすぎてはいけないのだと改めて学びました。






人生初のTIFに参加するべく
お台場へ行ってきた。

仙台の友達に6月ぶりに会えた。気持ちのボルテージが頂点になり、神奈川から一緒にお台場まで行き、着いた頃には天気も良くて、最高の夏の日だなとか思ってた。
ごきげんな中、何気なくポケットに手をやった。



チケットがなかった。



熱かった身体が一気に冷えた。

チケット忘れたらダメだよね、などと笑ってた朝の自分を思い出した。
同時に玄関に確実に置いてきたことも思い出した。
一緒に来た友達へ先に行っててもらう。
そうして私の人生初のTIFの午前中はつぶれた。


戻って友達と合流して話しながら歩いてるうちに楽しすぎてもうこんなんでも最高に楽しい、と心から思った。
チケット忘れたことも帳消しになりそう。



_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9188.JPG

Maison book girl井上唯ちゃん新衣装。
もともとのあがり症恥ずかしがりのせいで
可愛すぎて並んだはいいけど頭が真っ白になった。
とりあえず前のやつよりも涼しそうでよかったとか思った記憶はある。
戦士みたいなのにかっこいいより可愛い。
とにかくかわいい。スカートひらひらしてた。

可愛すぎてもう死んでもいいです!!
とか口走ってしまう僕に対し唯ちゃんは
真顔でふぅん。って感じだった。
めっちゃすき。
アワアワしてる自分に「いいでしょ」とか「この衣装でライブできるか不安なんだよね」とか話してくれて優しい…かわいい…いつもアワアワしてごめんねって感じだ。

こういう正直であまり動じないところがすごく好き。どんな話をしてもいつも楽しい
ぶっちぎりの推しメン。



18時、ドリームステージ

十六歳
lost AGE
karma
おかえりさよなら


ただただエモかった。

夕方曇り空にブクガが映えてとても綺麗だった。
ドリームステージが何よりも綺麗な空間になった。
全体が見たくて、階段の上からブクガを見た。
ずっと続けばいいと思った。

おかえりさよならを風に吹かれながら歌う4人がとんでもなく綺麗。
声を振り絞って歌う感じととても合っていたし、
あと外で聴く十六歳が大好き。
lost AGEのクラップ、隣の人がエッなに、ムズwすごwって言ってたのが聞こえた。
やっぱりブクガの4人のステージがとても好きだと思ったし、さらに好きになった。



終わってからお互い「探していたよ。」と言いながら友達に会った。
ワックが終わってから全力ダッシュしてブクガ見に来たらしい。かわいい。


何回聴いても飽きない曲ばかりだ。
好きな音楽は聞くほど素敵になっていく理由は、音楽に思い出がプラスされる影響がデカいことを改めて思い知りました。





_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9196.JPG
人の金で焼肉食べたい。

↑このページのトップへ