お疲れ様です、島爺です。

過去にはアニメ「デジモンユニバース アプリモンスターズ」
「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」「爆釣バーハンター」でOPやED
去年は映画「東京アディオス」の主題歌も歌わせていただきましたが
今回初めて、スマホゲームの主題歌を担当させていただくこととなりました。

ゲームタイトルは「ウーユリーフの処方箋」といいます。
ありがとうございます。よろしくお願い致します。

まずお話頂いた時は「スマホゲームに主題歌がある」という時点でお爺ちゃんはもう既についていけず
しかしながら「主題歌ということは、まぁ、主題歌だろう」
という驚きの納得力でお引き受け致しました。素直で良かった。

さて誰にお作り願おうか、と考える段に至り
今まで通りナナホシ新婚楽団先生にお願いしようかとも思いましたが
「先生に頼めば確実だ」と安心しすぎている点や、まだ若干納期に余裕がある点
あと罠孫氏(ワーナーミュージックジャパン島爺担当)が
「本人が作ったりすると…チラッ…話題にもなりやすい…チラッ…みたいなこともね…チラッ」などとチラ見してくる点も踏まえ
「ここはいっちょ、やったろやないか」と。
「おじいちゃん、がんばっちゃうぞ」ということで、作詞作曲をも担当させていただく運びと相成りました。一大決心。

作詞作曲経験はあるものの、こういった「作品(ゲーム)のための作品(音楽)」というのは初めてなので不安は大きかったです。
が、怖がってても埒が明かないので、とにかく早く形を作り色んな人に意見を求めてブラッシュアップしていこうと決意。

プロットをいただき、ひたすら読み込み、分かったことは
こんなに「面白く」「複雑な」「濃い」「メッセージ性のある」ゲームをスマホでやる時代なんだなぁ、ということ。
そら主題歌もつくわなぁ、と。
テトリスとか四川省みたいな独りで淡々とやるゲームしかして来なかった僕の中の違和感が、ここで初めてまるっと消えました。

ゲームの世界観から離れてはいけないし、逆に近づきすぎて歌詞でネタバレしてもいけない。
ゲームのための曲でありつつ、僕のための曲でもある。
そんな「重心をどこに置くか」のせめぎ合いがとても楽しかったです。

とりあえず1コーラスを作り聴いていただいたところ、「OKですー」と何と一発OK。

「やば…天才や…フフ…天才じじい現る、や…フフ」と一日ほどニヤニヤぶつぶつ独り言したあと正気を取り戻し、フルコーラス制作に突入。
あとは編曲をして下さる鈴木Daichi秀行さんに曲の詳細や入れてほしい音色の説明等をし、お任せすることに。

鈴木Daichi秀行さんは僕の1st「冥土ノ土産」で「チルドレンレコード」のアレンジオケを作って下さった御方で、その時初めて「プロの凄さ」を目の当たりにしたんですね。
アレンジオケのクオリティはもちろんのこと、送っていただいた音声ファイルの整いかた、使いやすさ等、隅々にお気遣いが行き渡っていて
「ほぁーこれがプロの仕事ってやつかー!!」とただただ感動したのを覚えています。

そんな御方ですので「いい感じになって戻ってくるやろーな♪」とワクワクしていたのですが、出来上がってきたものは予想を遥かに上回っておりました。
ほんとにビックリした。年取るかと思った。83になるとこだった。危ない危ない。

とまぁ、簡単に書くとこんな感じで出来上がりました「箱庭の理」。

ゲームのOP動画がこちらです。


2/28(金)に配信リリースも決まっており
こちらで予約もできます。

「箱庭の理」

たくさん聴いてゲームも遊んでいただければ幸い。
よろしくお願い致します。

今年も色々ありました。
ちょっとね、まだあれやこれや作業中でとても忙しない年末年始なんですが
それも嬉しい悲鳴というか
いまだに音楽で食えていて、音楽を楽しめていることが、単純に嬉しい。

改めて、ほんとに恵まれとるなぁと。
やらせていただいてる環境にも、支えていただいている人々にも
周りに寄って来てくれる人々にも
ほんとに恵まれてる。
それをひたすら実感した1年でした。

もう感謝々々あざますあざます言いすぎて
感謝のゲシュタルト崩壊しかけてますが、まだ言い足りてないし
体現も足りてないです。
2020年もがんばろうと思う。

「ゲシュタルト崩壊」で思い出しましたが
調べものをしている時に見つけた「ゲシュタルトの祈り」という詩が気に入って
画像を作ってトイレに貼って毎日読んでます。

ゲシュタルト.JPG


ドイツの精神科医 フレデリック・S・パールズというかたが読んだ詩だそうです。
詳しくはおググりください。

意見が違う、価値観が違う、ということで否定し合ったりケンカしたりせずに
「あ、私と真逆のかたでしたかーこりゃ失敬失敬…
      距離置いときましょうねーごきげんよう♪」
みたいな世界、早く来いと願っております。

それではみなさん、2019年、令和元年もあと1日、ヨイオトッショ!!

いよいよ11日に上映開始されました「東京アディオス」
主題歌の「よだか」を歌わせていただけたことで試写会にまで参加することができ
誠に役得であるなぁ、と。

お話をいただいた時に「売れない下ネタ芸人の半生を描いた…」という説明を受け
「あ、これは絶対に歌わないといけない…もちろんナナホシ先生の楽曲で」と瞬時に感じ
ありがたいことにその通りに話が進み
結果的に、想像以上の映画作品と想像の斜め上を行く楽曲が誕生し、無事公開に至りました。
ありがたやありがたや(。-人-)

作品を見させていただいた感想は
僕が以前バンドマンだった頃、ミュージシャンと芸人の違いこそあれ
環境的にはほとんど同じようなものでした。

先は見えないし、金はないし、自信は日々なくなっていくし、常に腹は減ってるし
携帯鳴ると怖いし、イラつくけど怒る気力はないし、涙も出ないし、胃はずっと痛いし
自慰の後の一瞬だけが心地よくて、その勢いで寝ないと眠れなかった。

自分で決めた道だから文句なんぞ誰にも言えませんし、嫌ならやめればいいだけの話で
それは分かっていても「まだどうにかできるんじゃないか」と心のどこかで縋っていたし
最後のほうはもうほぼ意地しかなかった。

夢と空腹と性欲と罵倒と逃避の、あのひりついた生活を思い出し
ただただひたすらに感情移入でした。見てて胃が痛かった。

どぎつい下ネタのオンパレードで、それに対して拒否感を抱く人もいらっしゃるかと思います。
しかしそういう「馬鹿馬鹿しい」とか「邪道だ」とバカにする人もいるようなネタにも命をかけて、命を削って魂を注いで生きている人間がいるという、そのギャップをこそ大塚監督は見せたいんじゃないのかと、僕には思えた。

合理的な道を「合理的だから」という理由で簡単に選べない人間だからこそ
描ける世界があるんだ、と。

adi.jpg

僕の場合は運良くというか、運悪くというか、家族のために田舎に帰らねばならん状況になり
親にも「帰ってきてくれ」と言ってもらえ、ズタボロの状態で実家に帰ることになりました。
恐らくこんなきっかけでも無ければ帰ることは出来なかったし
ここで帰ったおかげでその後の歌い手活動がスタートし今があるわけで、我ながらギリギリだったなぁと思う。

詳しくは書けませんが、作品中での横須賀さんは僕とは違う道を選び、ラストシーンに向かいます。
僕の中では、もう一人の僕でした。

そこには意地も誇りも情けなさも申し訳なさも清々しさも、全て詰まった特大sy
生き様を見ることができ、納得のエンディングでありました。

と思うや否や突如僕の歌声が流れ出し「ビックゥゥゥッ!!!!」となり
「そう言えば主題歌歌ったんやった!」と思い出し現実に戻って来れました…焦った…
アディオス!東京アディオス!!

おかげであの頃の感覚を思い出せました。
またいつああいう状況に戻るか分からないお仕事ですが
戻ってしまっても、今度はもう少し恐怖も焦燥も絶望も、作品として昇華させてあげないとな
と思えました。
ありがとうございました。


12日は台風の影響で上映中止となりまして
13日以降の上映はシネ・リーブル池袋のHPをご覧くださいませ。
とんでもない作品に関われて、僕は幸せです。

是非是非、劇場に足をお運びください。
よろしくお願い致します<(_ _)>

↑このページのトップへ