島爺活動10周年を記念したアイテムに使用する皆さんの音声ボイスを募集します。

■募集期間4/1(木)~4/8(木) 0時まで
■募集ボイス
「お爺ちゃーん!」(⇐ガイド音声)
「ありがとうー!」(⇐ガイド音声)
※「1、2、3、はい」の声は必要ありません

■送信方法
・音声ファイルの拡張子の種類に指定はありませんが、1MB以下の容量で添付して下記メールアドレス宛にお送りください。
・メールタイトルは、冒頭にお送り頂く「ボイス名」お名前(ペンネーム)を必ず記入してください。
(例)「お爺ちゃーん!」罠孫
・送信方法は使用端末により異なりますのでご自身でお調べ頂きお送りください。
・1人1ボイス1応募でお願いします。(①②の2種応募も可能です)
✉️音声送付宛先メールアドレス:yorutoshinami@live.jp

■注意事項
・募集期間以降お送り頂いた音声ファイルは使用不可となります。
・募集音声以外のファイルは使用されません。また、募集期間以降は音声ファイルをお送り頂かないようにお願いします。
・使用に適当ではないと判断した音声は省かせて頂きます。
・容量過多で受信されなかった音声は省かせて頂きます。
・すべての方の音声ファイルが採用されない場合もございます。予めご了承ください。
■特典(予定)
・メールタイトルに記載頂いたお名前(ペンネーム)は、島爺10周年記念アイテムに何らかしらの形でクレジットさせて頂く予定です。クレジットを希望されない場合は、メールタイトルか本文にその旨コメントをお願いします。
また、今後の企画内容の変更によりお名前のクレジットがされない場合もございますので予めご了承ください。

募集.jpg

よろしくお願い致します<(_ _)>

思いつきで始めた「島爺フィギュア撮影選手権」
たくさんのご応募(ツイート)ありがとうございましたー♪

とにかく可愛いのがいっぱいでした。
色んな場所に島爺を連れていって下さってありがとうございます!
どこに行っても映えるなぁ流石やなぁ、などと。(爺画爺賛)

傾向としてミニチュアな小道具と一緒に撮影されているものが多く感じましたが
「そこからさらに一工夫されている画像」「写真として完成度の高い画像」
島爺の独断と偏見で特賞とさせていただきます。

選ばれたのはこちらの方々(ツイートされた時間順)
※3番目のかたは右下の1枚、5番目のかたは左側の1枚が受賞画像です。

1.jpg

2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg


受賞者の5名様は罠孫氏からDMが届きますのでしばしお待ちを。
島爺サイン入りグッズをお送り致します~♪

皆様ありがとうございました!
引き続き島爺フィギュアを弄びください!

2020年8月2日「島爺爆誕祭 挙句ノ生配信」、無事終了致しました!
ご視聴いただいたみなさん、支えてくださった全チーム島爺の面々にひたすらに感謝です。
ありがとうございました<(_ _)>

コロナのアホの所為でZEPP Tokyoで出来なくなり
初めての(実はとても嫌っていた)生配信ライブを決断したり
7月30日に東京入りしてからも陽性者数が凄い数になっていったり
直前まで「ほんとに出来るのか?やっても大丈夫なのか?」と不安しかなく
本番までメンタルを保つのがなかなかしんどかったです。

好きな長距離運転(コロナ対策含む)で気を紛らわせながら東京へ入ったり
チーム島爺のみんなと会える楽しみにフォーカスすることで不安を無視したり
なるべく良いイメージだけを思い浮かべながらやれるように努めていました。

途中からは職人揃いのチーム島爺のみなさんが圧倒的技術力で以て僕に安心をくれたので
だいぶ楽になりましたね。やはり持つべきものはチーム島爺…( ・´◡・`)b

いざ本番が始まると、いつも以上に疲労が早かったのでやはり全方向的に神経を尖らせてたんでしょう。
しかし一方、お孫さんがちゃんと見ていてMCにガヤを飛ばしたり、笑ったりしてくれていることを
ちゃんと感じることができたのが大きかった。

演っている僕らからは配信中の画面が見れず「何人ぐらい見ていてどんな反応をしていて」等が全く分からない状態だったんですね。
が、僕の中で何故かしっかり体感できていた。
みんなわろてるなぁ。ワー!言うてるなぁ。ブーブー言うてるなぁ。つっこんでるなぁ。またアホなこと言うとるなぁ。と。

お孫さんたちの表情が見えないことに不安感を抱いていない自分に気づいた時
「今までのライブのお孫さんたちが安心させてくれてるんやなぁ」
「ちゃんと信頼させてくれてるなぁ」と思えて嬉しくなりました。
そこからはとても気持ちよくライブができた。

あの場にいた人、見てくれていた人だけじゃなく
今までライブに来てくれた人、応援してくれた人たち全員に感謝したいです。
みなさんのお陰で生配信ライブを成功することができました。

お忙しいところ出演してくださったナナホシ先生にも
通話してくださったVACONさんにも、ご協力感謝致します。
本当にありがとうございました。


最後のMCで話した通り、音楽業界のみならず
険しい道のりが今後続くと予想しています。
生きてまた、ライブ会場満員の中、爆音と共にみんなと笑えることを願っています。
がんばろう。


追記
ライブが終わり、地元に帰るのが少々不安だったのでPCR検査を受けたところ
がっつり陰性でしたので一安心。ウッホウホで帰宅いたしました。
良かった良かったあざますあざます(。-人-)



↑このページのトップへ