月別アーカイブ / 2013年09月

鈴音×cafe'rit.×RISIDEコラボTシャツ
を作ろうと思っています‼︎

今LIVEでは必ず、気仙沼で出会った服屋さんの代表千葉さんの想いが詰まった、「RISIDE」Tシャツを着てステージに立っています。
LIVEの時だけでも、思い出してもらえるように。自分自身音楽を始めた時の気持ちを忘れないように。
詳細はこちらhttp://m.blogs.yahoo.co.jp/sakuratribune/37809920.html?from=relatedCat%0A
Tシャツの金額の10%が募金として利用されます。
人数が集まり次第、発注をかけさせていただこうと思っています!

鈴音








陸前高田の画像と共に☆


昨日は長文のブログにもかかわらずコメントありがとう‼


今日は画像付き✨

陸前高田市役所はプレハブ作りの仮の姿でした。
また来ますと約束したのですが、次行く時はどう変わっているのか楽しみです♪


一面草が生えていたと書いたのですが、ポツリと建物も残っていました。
その建物の中には、花が供えられていて、それをみた時に何とも言えない気持ちになったんですが、ふと下を見るとふたつ四つ葉のクローバーを発見✨

たったそれだけのことなのに、何故か気持ちがあったかくなりました。

これからようやく目に見える復興が始まって行く陸前高田市‼


遠くから応援するぞ✨



鈴音





こんにちわ☆
東北から帰ってきて、早いもので4日。

昨日はDMM.com(http://www.dmm.com/live/talk/-/talk-room/=/id=lt688594/)にて陸前高田市で聞いてきたことを皆さんにお話させていただきました。


みんながそれぞれに、想いを寄せていてひとつになれた時間だと思いました。


今日は、昨日番組を見れなかった方のために少しだけ、ブログを書きたいと思います。

全部書きたいけど、書ききれないので・・・泣


最初に立ち寄った陸前高田市の一本松の見える付近は、一面草が生えていました。
周りは重機とトラックが絶え間なく行きかっていて。
観光バスも走っていました。


市役所で貴重なお話を聞かせていただきました。(ここでは念のため名前を伏せさせていただきます...)

陸前高田市は人口24000人の小さな町だったそうです。
住宅の数は8000戸ほどあり、そのうち3600戸が巻き込まれてしまったそうです。

現在は仮設住宅が2100戸あり、そこに5000人もの方が住まわれているそうです。


当時を振り返って、
避難所が70ほどあり、大きいお家も避難所として使用されていた。
情報源がなく、自衛隊が毎日A4の4枚刷りを印刷して物資と一緒に運んでくれた。

そこで、今日は電気が通ったよ。水道が通ったよ。と、日に日に生活が目に見えてよくなっていった。といっていました。


今は生活することでは支障はない。むしろ、プレハブでお店をやって頑張っている人がいるので、そこで買い物をしている。と。


市の次の課題は、仮設住まいをしている方が新しい家に住めるようにするということ。



2年半たってなかなか住宅を建てられないのは、法律という壁があるから。
市街地を作る予定の場所は、地権者がいて、造成工事で出た土を仮り置きすることでさえ「ハンコ」が必要だという。


現に、岡山までハンコをもらいに行ったとか。


市民の方にはまだ目に見えない段階の「復興」であるため、市民の方は「何をしているのか。」とヤキモキし、それもあり、「一本松」をなぜ残したのかという電話や誹謗中傷の声も上がっているといっていた。


一本松は心ある方たちの「募金」により残すことができたもので、情報が伝わりきれていないことが悲しいと言っていました。




最後に、私たちにできることは何かを尋ねました。

機会があれば見て欲しいといってましたが、それ以上に、こうやって聞いた話を情報を発信して欲しいと言われていました。

やはり、忘れられることが何よりも悲しいと。



現地の方の、そして私、鈴音からもお願いがあります。
風化を防ぐお手伝いをぜひして欲しいです。

このブログを読んでくれた方、本当にありがとうございます。


次は、気仙沼で聞いてきた、見てきたお話をしたいと思います。

そして画像を後ほどアップしたいと思います。



鈴音






↑このページのトップへ