今年に入って、結構意識的に紙媒体以上にネットメディア、SNSを見ています。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6300.JPG

ニュースやネットメディアの記事は勿論今までもよく見ていたけど、
それより、所謂ふつうのひとの書き込みやツイートを。

若い子たちの中で人気のアカウントや炎上アカウントを見たり
ネットメディアの記事につけられたコメント読んだり
文芸・映像作品のレビュー書き込みを見たり。

まぁ普段何気なく見ていたのですが、
よく見ると勿論、既存の紙メディア以上に得るものがある書き込みもあれば
犬も食わないような言い争いもあります。
ソーシャルなメディア上でありながら、
他人の何にも一切耳を貸さない独善的な芸風のアカウントも多かったです。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6304.JPG

ネット掲示板などについて
人が必要以上に偽悪的になったり攻撃的になったりするというのは昔から言われていますが。
確かに相手の顔が見えない、いつでもシャットダウンできる、自分の名前を晒す必要もない、責任を問われない場所では
顔を見合わせて話せば起こらないようないじめや対立があるのは当然。
でも、みんな何にそんなに怒っていて
何がそんなに満たされていなくて
何を怯えているのか
考えてみれば不思議です。

VMwHHUeede.jpg

なんか、
普段とっても温厚な人、もちろん目の前の人に飛び蹴りも昇龍拳もしない人が
ストⅡでは超攻撃的になるのと同じなんですかね?
戦いのゲームであり、その中では喧嘩して勝たなくてはいけないと思い込んでるとか?
普段とっても温厚な人、目の前の人を言い負かそうとか反論しようとすら思わない人が
コメント欄やSNSでは鉄の防壁と鋭い剣を握らされているような痛々しさを感じることもありました。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6301.JPG

香港で中華中華中華、と中華欲が満たされたので、帰ってきてから我が家は日々純和食。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6303.JPG