昔、上海ベイビーって本がありましたね。日本語訳がややださいけど、英語訳読んだらよかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6235.JPG

昨日の夜、香港から帰りました♪
だがしかし、空港からのリムジンバスの中に携帯を忘れて、さっき取りに行きました。
バスの中ですやすや寝ていて、降りるべきところについてからおーいと起こされ
そのまま膝にあった携帯を床に落っことしたみたいです。
家に帰って携帯ないよーとピーピー言っていたら
ちゃんとお家に着くまでが遠足やで、とたしなめられ
今日連絡をくれたリムジンバスの事務所のおねーさんには
「よくいますよねー英語喋ってるうちはそこそこ緊張感あるのに日本着いた途端に気が抜けてやらかす人…」と言わんばかりの顔をされ、
お恥ずかしい限りです。

昨年は母がいつ危篤になるかひやひやしていて
一度も海外に行けていなかったので、ほぼ二年ぶりの海外でした。
生まれてから、初めて海外に行った2歳以降、
こんなにパスポート使わなかったのは実は初めてです。
うちの家庭は遊牧民なみに世界を移動することを厭わない家だったので、一番旅行してたのは中学に上がる前でした。
私自身は父や母ほど、
旅行したい欲が強くもないのだけど、
大学や会社員だと決まった休みがあるため、
なんかしなきゃ!という無駄なやる気がでてNYパリハワイソウルによく行っていました。
そのかわり日本国内の旅行って沖縄以外全然したことないんだけど…

なぜ香港に行くことになったかというと、
AbemaTV千原ジュニアさんのキングオブディベートという番組に出演したとき、
1テーマの優勝賞品でペア香港豪華旅行をいただいたのでした。
行ったことないところ、行く予定もないところだといいなーと思っていたので最高です。
もちろん、行き慣れているところや好きなところにタダでいけるというのも超いいですが
こんな機会でもないとなかなか行かないところに行けるというのがいいです。
基本的にクレジットカードのポイント交換でも、マイルや商品券に換えてしまうとつまんない、というその感覚と同じ。
カードポイントはだから、いつも自分で買いはしないけどちょっと欲しいもの、とかにしています。マイセンの皿とか、高級蟹とか笑。
いえーい。

私はそもそもパックツアーというものを使いなれなくて、
普段は航空券とホテルを適当に自分で予約することが多いため、
空港から市街、市街から空港の送迎があるのが何より楽チンでした。
大抵、飛行機の中で爆睡しているので、
寝ぼけ眼でバスやタクシーを探すのが苦なのですよ。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6236.JPG

旅行行けることになってから
我が家ではそもそも香港って何があるんだ?
という話になり、
例えば東京とものすごく状況が違えば街にいるだけで楽しいというのがあるけど(バンコクやニューヨーク、パリはそうかな)
香港と東京って
アジア、高度発展都市、発展してから結構時間がたってる、狭い、など共通点が多いし、
フランス領だったベトナムとかに比べれば
所詮味オンチな英国の支配下にあったわけで
なんとなく現地ご飯にそれほど期待もできなそう。

そもそも、友達に香港いったことある?どこがおすすめ?と聞くと
いったことある人ですら、
シンガポールと台湾と香港は
あまり区別がついていない。
屋上プールはシンガポールで、
千と千尋ぽい九份があるのは台湾よ。

それはそれで面白いじゃないですか。
日本はまだ独自性がある気がしてるけど
さらにグローバル化がすすめばアジアは全部香港みたいになるかもしれないわけだし。
あとはとりあえずよく言われる夜景を見ながら人生について考えよう、と
あんまり下調べはせずに行ってきました。

ミリオンダラー夜景はたしかに、
なんかこう東京が失ってしまった豊かさがあってすごくよかったです。

あと香港は返還からそれほど時間がたってないのに、
思ってるより英語が通じません。
ソウルと同じくらいかな…
東京よりちょいましな程度。
海外行く際に、
英語圏か英語圏じゃないかで
疲労度は倍くらい違う気がします。
もちろん、現地語ができたり現地語が流暢な友達がいれば最高ですが。
例えば住むとか長期滞在となると
英語が通じない国は結構ストレスが高そう。

うちの両親は、日本以外で住んだことがあるのは
イギリス(これは私も一緒)
フランス
ニューヨーク
なんですが、
どこの母国語もできた父親はどれもよかったと言ってましたが
フランス語が喋れない母親は
パリに住んでた時は神経つかって疲れた…
と言っておりました。

というわけで、
広東語メインの香港は英語と日本語しかできない非グローバルエリートな私は結構疲れました。
もちろん、英語で頑張って応対してくれるけど、
こちらもネイティヴじゃない
向こうもカタコト、となると
通じてるんだか通じてないんだかよくわからないんですよね。
向こうが米国人や英国人だと
こちらが全力パワーMAXだせばいいんですが
非ネイティヴ同士だと、パワーMAXだと逆に通じなかったりするので、
あえてカタコト大きな声でわかりやすい単語で喋りますよね。
ということで三日間で英語が下手になった気すらしました笑。

ただ、
街としては住もうと思えばわりと快適に住めそうですね。
さすが世界のお金持ちがいるところだから
インターナショナルに何でも食べられて何でも買えます。それは東京と似ていて、激安なものは激安だけど高いものは激高いというところもとても似ています。

それと気候が一年通してわりと穏やかなところもいいですね。
東京みたいに猛暑と極寒をいったりきたりして風邪ひいて衣替えしてコタツ出して、みたいな手間がいりません。
ただ、これはきみはペットにも書いてあったけど
香港人は冷房を愛しすぎてる。
なんでほんとうにここちよい、丁度いい季候の日に
ガンガン冷房いれて部屋の中だけ寒くするんでしょう?
東京が節電の嵐で冷房慣れしてないのもあるのか、
どこにいっても寒かったです。
豊かさの象徴でありおもてなしであるんでしょうが。
まーどんなに寒くても日光が出ると必ずいる
Tシャツハーパンの白人富裕層は香港にも勿論いて、
逆にダウンに近いコート着てる、香港なりに冬を満喫したい層もいて、
服装の幅が広かったです。

私はずっと薄手のワンピースやTシャツに
カシウェアのあったかパーカーを羽織っていてちょうどよかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6231.JPG

楽しかった❤︎

そして成田では時間がなかったので
帰りの免税ではいつものごとく化粧品の悪魔に取り憑かれてもろもろ買いました。。
でもこんなことも2年近くぶりだと楽しい&罪悪感は少ないです。( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6237.JPG