ライン漫画で
槇村さとるからのよしながふみ読んで
すっかりグルマン気分の食欲の秋です

漫画読んでる以外は最近ようやくようやく重い腰をあげて原稿書きまくってます。なぜっておうちにいるから( ´⚰︎` )

しかし、家にいて原稿ひたすら書いて
その合間にご飯作って洗濯して
外に出るとしたらスーパーか美容院とかネイルってなると
もはやネイルと美容院は必要なのかって気分にもなるんですが、
でも私みたいに元来だらしないひとは
そこは省くと本格的にナンシー関になりそうだからな…
いやナンシー関は好きなんですけどね。
急にテレビの収録とかの予定とか入って
ネイルのびのび睫毛はげはげ髪ぼさぼさでもなんだしなぁ
出かけないと、
とりあえずコンタクトの消費量が減ります。

さて、
編集さまに料理本の企画でももちこもうかとか
そういうやましい気持ちがあるわけじゃないんですがー
ここ一週間は真面目に1日2食、
ほぼ私がつくりました♪



手抜きしたければ鍋物系
ちゃんこも水炊きも好きだけど、
材料少なくてもできる白菜と豚バラのミルフィーユ鍋。冬は重宝します。
切って煮るだけ。
うちはスープはだしの素ちょっとと
「うどんスープ」使います。
うどん、うどん、うどんスープ♪の
CMでお馴染みのうどんスープは
おでんにも使えるし煮物もできるし箱買いしてます。


もともと揚げ物はよくするのですが
いっつも唐揚げかコロッケかトンカツだと芸がないので
これは骨つきのチキンスティックを
片栗粉で揚げて、
別鍋にしょうゆ、みりん、酒、ニンニク、白いりごまを煮立たせて
揚げたチキンをからめたもの。
手羽元とか手羽先でもよいのだろうけど…
男の人って甘辛味が好きですよね。好評です。
鷹の爪いれてもいいけど、ちょうどきれてた。

甘辛味のメインの時は
副菜は酸っぱい系がほしい。
揚げ物メインの時は
副菜はさっぱりがいい。
だからきゅうりとタコとかで酢の物つくってもいいし
かぶの浅漬けでも揉んでもいいけど
常備菜しかないときは
玉ねぎにおかかかけてポン酢。
なんの芸もないけど
なんの文句もなく美味い♪
ほんとは新玉がいいけどちょっと水さらせばこの時期も可能です。


昼間に外に出ることが少ないし
打ち合わせ帰りとかだと一人で持たなきゃいけなくてあんまり重いの買いたくないし、
だから深夜にイオンとかドンキでついつい間に合わせがちですが、
たまに昼間ちょうど買い物行く気分になったら魚をとりあえず物色します。
深夜スーパーって肉はあるけど
魚がろくなのないのよ。
あって鮭とサバくらい。

鮭といえば
よしながふみ先生の昨日なにたべたにでてくる炊き込みご飯はどれも超おいしいですよ。
最近作ったのは鮭とまいたけの。


ご飯二号
分量より少なめの水に米いれて
味付けは酒と醤油と昆布
ごぼうなかったから
まいたけひとふさをちぎっていれて
甘塩鮭二匹。
あとは炊飯器を信じて炊くだけ。


炊飯器は裏切らないのでちゃんと炊ける。
で、昆布とりだして
鮭の皮と骨をとって


混ぜます。
いい匂い〜〜( ´⚰︎` )
大抵うちは白米二合たくとちょこっとあまるけど、味ごはんの時は二人で二合きっちり食べ切ってしまうよ。

うーん
鮭は鮭で焼いて
酢飯と混ぜてちらしっぽくしてもおいしいですおいしいですおいしいですおいしいですおいしいですおいしいです

↑iPhoneで買いてんだけど
なんかバグった笑。面白いからそのまま放置。

さて、
ナンシー関ほど割り切れてない私は
角質のケアでもしましょう。

栄養バランスと枝毛のケアを大切にね❤︎すずみ