最初のブログで思いつきで書いた○○と○○を大切にね❤︎が、どんどん行き詰まってるのは自分でも分かってます、鈴木ですw


某代理店にいる大学の仲良しのパイセンから
今度原宿に店出すからリリースパーティー来てよ的な連絡があり
てっきりバーとか趣味でやるのかと思いきや
アパレル…
うん、アパレルはいいんだけどね

白T専門店なの
その名も「#FFFFFFT(シロティ)」


パイセンが送ってくれた写真


マジ白ティ(笑)
う、うん白ティですね
としか反応しようがなかったがw
相変わらずなかなか狂ってるわ〜

私自身は、自分の在り方としてあってるのって
サラリーマンもしくはフリーランス
と思っておりまして。
つまり起業志向は学生時代からなく、
今まで会社を興そうと思ったこともない

まず、人を使うのがとても苦手
使われるのはそこまで苦手じゃないけど
基本、企業にいた時もチームリーダー的なものは苦手でした
自分でやったほうが早くても後輩に仕事をふるとか
戦意喪失しない程度に叱るとか

さらに、お金儲けの発想が少ない
これって結構境目じゃない?
それなりの高収入だったとしても
やってる仕事がたまたま高給だったり
作品が高く売れたり
そういう人と、
これはお金になる、売れる
とか
ここにビジネスチャンスあり
と閃く人とは仕事の捉え方って違う
サラリーマンでも
前者が生きる道と
後者が生きる道ってわかれると思う
新聞記者も論説委員ラインと経営陣ラインに途中でわかれるしね
作家だって、売れるタイトル売れる本、
それを追求できる人は
また純文学系の人と違うよね

だから人を使ってたり
アイデアでビジネスを産んでたり
そういう人は無条件でちょっと尊敬
それは一部上場の社長でも
中華料理店の店長でも。

SFCは起業家精神系のひと多かったけど
起業に憧れてもなんか不発な人と
まわってる人とでは
そもそものそこのポテンシャルというか
思想が違うのではないかな〜

うん、原稿書いてるけどなんからおりてこないわw
そこで白ティにほっこりしたわ
てことで今週、D通の親友とオープンパーティ行くよ〜

お金と自尊心を大切にね❤︎すずみ