訳あって実家来ておりまして、お昼食べながらちょっと昔の写真など見てましたら私がまだ可愛かった頃の写真など出てきて、経年は成長をもたらすのか、或いは退化をもたらすのか、考える人のポーズで思いを馳せています


前に、霞ヶ関の記者クラブいた頃、
厚労省の概算要求の資料かなんかを先輩と見ていて、
多様化する保育・幼児教育機関の補助金などの説明で、
全部の種類、
経験的実感をもって語れたのは私だけでござんした。

つまり、
当時、バリキャリだった母親は
保育ママ、ベビーシッター、保育園、幼稚園、認可外保育所、学童などなどあらゆるものを駆使して、
ワタクシを逞しく育て上げたのであります。

かなり上の世代には、
0歳保育なんかに子供預けっぱなしなんて!
的なことを言う人が今でもいるのかいないのか。
それでも子は育つんでね。
ほら、私とかこんないい子に育ったし♪
そして外気にあたってたほうが
免疫できて強い子になるで( ⸝⸝⸝⁼̴́◡︎⁼̴̀⸝⸝⸝)


で、久しく忘れてたけど、
私、それらいろんな機関にお世話になりつつ、
一箇所自分の趣味で短期通園してたとこがありまして。

それが
さくらさくらんぼ保育園系列のとこ。
当時、月島住んでたから
月島保育園→聖路加の隣にある聖ヨゼフ幼稚園
と通っていたのだけど、
それを、一時期ちょっと休んで、
もちろん泊りがけで行ってたんですよ。

斉藤公子さんが提唱された
さくらさくらんぼ保育は
書籍もまぁ出てるし、
ご存知の方も多かろう〜
いろいろ問題もあるし、
今となってその思想・在り方に
全面的に賛同するわけではないんですがね。

でも当時、ドキュメンタリー見て
リズム体操とか雑巾縫うとか楽しそうで
別にヨゼフは親友もいたし先生いいひとで悪くなかったけど
ちょっと冒険したい欲が湧き、
母親に、
ここに留学させておくんなまし!
とお願いして連れてってもらったんだわ。
で、利根川のとねっことか幸手のにしきとかの保育園に時々泊まり込んで留学してたのw
変な経験(笑)

でも、たとえば去年の今頃何してた〜とかあんま覚えてないけど
幼少期の思い出って多少断片的でも
いやに詳細に思い出せたりするし、
それは沢山あったほうがなんかいいような気がする
ってことで良い経験でした。

さくらんぼ系列、
確かに先生を呼び捨てにしたり、
裸足であったりいくら汚しても怒られなかったりするが、
それはまた自由とも違って
ある意味ではヨゼフの生活より
よほど厳しい訓練だった気もする。
でもそういう、
頭で考えると何か意味があるのか?と
思えちゃうような非合理的なことを
必死でやれるのって子供の特権です。
意味のあることしなきゃと思ってると
無意味さ過剰さの中にある豊かさに
気づかなかったりするしね。

ちなみに、
今回の撮影、衣装ドレスはBCBGのドレスライン
自前です。買ったの6年前とかだけど笑
銀座で仲よかったミカちゃんがBCBG好きで、
有楽町近くの路面店のセール、
何回か一緒に行ったな〜

うん、
うちの実家は古い家なので
お風呂掃除すると体力消耗してしばらく動けません。

子供とヌーブラの洗濯を大切にね❤︎すずみ