月別アーカイブ / 2016年01月

好きな街を聞かれたら横浜って答えるかなぁとか思うんだけど、それって19~22歳とかわりかし楽しいお年頃に住んでたから良いイメージがあるだけなのかもしんのう。


楽しい時代、と言えば…高校時代、というのも基本的に人は美化して思い出します。
高校の思い出というと時代的にはやはり渋谷…?
かといって毎日渋谷で遊んでいたかというと
実は渋谷よりも高校から近い五反田とかでお茶しばいたりカラオケしたり
そんな日の方が日数的には多かったかも。

でも
好きな街?五反田です!
とはならないですよね。。

なんでそんなことブツブツ言ってるかというと
本日夜にちょっと六本木降臨→西麻布ラウンジまで歩いたりしたんですが。



そういえば、去年の今頃までは
六本木から西麻布交差点へ下る途中のおうちに住んでたわけで、
毎日六本木通りを降りたり登ったりして帰ってたなぁとしみじみ思ったんです。

懐かしい(つ(エ)-)゚゚゚
って感じもそんなにしないんだけど、
スポットとしての六本木や西麻布はともかく
面としての港区都心部は
やっぱり住んでないとそんなにほっつき歩かなくなっちゃったなぁと
ちょっと寂しく思いました。

六本木は勿論、
白金やら広尾やら十番、青山など
ハイソな感じが好きなわけじゃないけど
やっぱ日本てアジアだし
どんなに上品ぶってもそれなりの
ダサさみたいなのがあるから、
頑張ってる港区とかは愛着あるのかも。



都庁の記者クラブにいた頃、
日経は記者の数もそんなに大所帯じゃないし
地方部の都庁記者数人で
23区を分担して担当してたんですが。

最初、私はやっぱり
銀座や築地の中央区
渋谷とか表参道の渋谷区
六本木や麻布や青山の港区
などを担当したくて、
こそこそ担当割りを細工したりしてましたが。

取材して面白いのは実は
住民の行政依存度が高い区の方だったり、
イメージ戦略難しい区だったり、
治安悪い印象を払拭したい区だったり。



一番笑ったのは(いい意味で)
荒川区が、幸福度の単位
GAH=グロス・アラカワ・ハピネス
を創設したってネタだったりしました。

まぁ渋谷区長が斬新な政策を打ち出しがちなのは有名ですが、
それ以外でも
品川区は商店街政策に熱心とか
世田谷区は待機児童多すぎだったとか
新宿区長は肝のすわった女の人だったとか
地方行政って、単位が小さめの方が
調べるぶんには面白かったな。



行った出張で一番すごかったのは、
まずどうやって行くのかを
三人に取材しなければ調べてもわかんなかった
島根県のちいさな町。
コンビニまで12キロという標識が
なかなか斬新でござんした。

自治体のカラーって面白いよね。
知事会とか市長会の取材は、
その土地それぞれのカラーと
首長のカラーが
際立ってて好きだったな。
ちなみに永田町の都道府県会館の記者クラブも在籍してたことあります。



うん、やはり顔の内出血が気になるので、
肌に良さそうなスープでも煮ます( ・ε・)

故郷と納税を大切にね❤︎すずみ

朝起きるととりあえず甘いもの口に入れないと二進も三進も動けない鈴木さん32歳自営業ですˉ̶̡̭̭ ( ´͈ ᗨ `͈ ) ˉ̶̡̭̭


寒い季節は、
できれば外とか出たくありません。
コンビニどころか
Amazonでまとめ買いしたお菓子並べて
床暖房に腹ばいになって
心ゆくまでワースト再読からの
軍鶏読破とかしたいんです

夏はそれなりに外出るんだけどなぁ
冬は50メートル以上歩けないからなぁ⤵︎



一応ニッポンのトーキョーっていう
物価も家賃も税金も高いとこで暮らしてたら
働かないと干上がっちゃうので
そこそこ自宅で篭ってできる仕事してて
ほんとよかった、と冬は実感します

ただし。かかし。
篭ってると顔が劣化しますよね???
まず化粧しない、保湿しない、人前に出ない、そもそも洗わない…ヽ(≧▽≦)ノ

やっぱり人間、社会的な存在だから
外に出ないとあかんぜよ。



ということで
重い重い腰をあげてちょっとしたメンテしに来たよ。
無論スッピンで。
13:00に出るつもりが14:30になったけど。
美容鍼。

すでにこの冬、弛みきった顔が
シャキッとするかなーって……

で、
綺麗にならないかな〜♪byタンポポ
と口ずさみつつ。
明日はNぴぃと点滴デートだし、
その前にちょっと抜け駆けして
ハリとツヤを…と思ってね。

そしたら



今までにないくらいの内出血(๑✧◡✧๑)
なんだろ、この感じ
なんだろ、重い重い腰あげたのに
思いっきり出鼻くじかれた感じ
軟膏塗ってりゃ2日で治るよって…
2日間傷物かい。



スッピンで出かけ損ですね⤵︎
大人しく軍鶏読んでりゃよかった



奈津子さま
ありがとござます。同業の方♪
過去の仕事話、そのうち〜



え、じゃあすずみにしようよ(笑)



あさひさま
LINE公式アカウントないんですよー💦
なんか活用法分からず、
とりあえず作って頂かなかったです



うん、大人しく漫画読んでりゃよかった
なんて書かずに
大人しく家で仕事してりゃよかった
って書けばよかったヽ(≧▽≦)ノ

空気と最低限の常識を大切にね❤︎すずみ

特技は、隣で爆音でスプラッタ映画を見られようが、地震が起きようが、槍が降ろうが、電車が目的駅を通過しようが、心地よく眠り続けられることです




そのかわり、脇腹をくすぐられると0.2秒で飛び起きることができます
起きて5分で漫画読みふけることができます


 

そんな私も、
それなりに長い人生生きてれば
人に褒められることもあります。

大体は
心遣いが行き届いてますね
礼儀正しいですね
ノリがいいね
文章うまいね
thの発音がネイティヴだね

とか外殻ではなく中身な上に
中身の中でもわりと浅めのことですね
精神や思想の中核的なことではなく



外見的なこともたまには言われますよ⤴︎

乳の形が歳のわりには綺麗だね
デニムはくと意外とお尻きれいだね
下の歯並びいいね
眉毛かくの上手いね

まぁ、これも
綺麗ですね、スタイルいいね、とか
外見全体的なことでなく
パーツ
しかもそこまで嬉しくないパーツについてです

その中で、比較的言われて嬉しいのは
「肌綺麗」ですかね…
だから、
化粧は目やら何やらより
ベースメイクに時間かけます


あとね〜
これは嫌味もこもってるのかもしれんが
一番よく言われるお世辞は
若い!なんですよね

ただ、
それについてはあんまり
ストレートにキャピキャピ喜べない。

私には
「若いね」「若く見える」「え?32に見えなーーい」
という言葉の意味するところが
若々しい、若くて可愛い、というよりも
「若く見られたいであろう努力の影が端々に見える」
という風に思えるのです。

確かに、
老けて見えたいと思う人は少ないですな
綺麗な人、というのは
吉永小百合でも黒木瞳でも橋本まなみでも
実年齢よりは若く見えます



ただし、
彼女らを褒める最初の賞賛として
「若いね」
という人は少ない。
例えば壇蜜さんは
「綺麗ですね」「色っぽい」
と言われることこそあれ
若〜い!
とか言われなそう

つまりは
若いね、というお褒めの言葉は
「若く見られたそうだね」
という、
若干無理して若作りしてますね
というイヂワルめな批評眼を含む気がするのです



まぁ嬉しいですけどね。
嬉しいけど、
その言葉に調子にのって
その「良さ」を伸ばそうと浮き足立ってると
マルキューや歌舞伎町の路上でよく見る
ピンクのトレンチ着た40代
になってしまう危険性あり。

コツコツ美肌づくりに勤しむくらいに
しようと思います、ハイ

うん、
中身で言えば
料理うまいなー
って言われて嬉しくない女はいないかな
少なくとも礼儀正しいね
とかよりはよい


私はオカズがなんであれ
ご飯の友プレートを出します
本日は
イカ明太・ゆず白菜・ゴマ昆布・牛蒡サラダ
オカズおいしくなくても手抜きでもごまかせるよ

地球と礼儀を大切にね❤︎すずみ

↑このページのトップへ