現役じゃないのになんでいつも繁華街に住むの?って言われますが、深夜にネイルとか美容院とか行きたいからです


てことでネイル中。今。
昨年末、ふつ〜のフレンチしたので
次はふつ〜のピンクベージュします。


     

俺だって昔はこんな守りの女じゃなかったんですよ。

女の自己満足の極みとも言えるネイルを見ると
確かにその当時の自分の思想が
わかりやすくあらわれます。

あんまり、昔のはないが

派手さが華やかさである、
ヤりたいと思われるのがモテである、
という壮大なる勘違いしてた
慶大・キャバ・セクシー女優時代



いい女と言われるために
どうしたらいいか分からず
とりあえず「高そう」と言われるように
最新の注意を払ってた東大・銀座時代




真っ当な社会人になってしまったことを
人生もしや終わっちゃったんじゃないかと
恐怖にかられて血迷い、
そんな爪でどうやって原稿書いてるのっ?
と言われることがギリギリのプライドだった
日経OL時代前期



ここから抜け出すには
結婚くらいしかないかなーと
男ウケを狙うも、男ウケについてよく知らず
なんかちょっと違う感が強い日経後期




で、最近
ネイルの教科書一年生基礎編みたいなのばっかりで
いまいちネイルの写真すら保存してない
(毎回似たようなもんだし)
シンプルビューティー
⇧ビューティーは余計

本日も極めてフツウ


別に内面的な美しさが際立ってきたとか
内側からにじみ出る品と知性で十分とか
だから指先をデコデコいじらなくていいとか思ってないよ
そこまで常軌を逸してないっす(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)੭✧

でもねぇ
指先の華やかさと
人生の華やかさは
そんなに比例しないし
指先から入る話題なんて
大した人間関係を紡がないし…

いや、というより
目立たないこと地味であること派手さがないこと普通であることって
若くて不安定で挙動不審にギラついてた私が思っていたほど
怖いことでも悪いことでもないという
仙人ぽい思想に最近なりつつある



ちなみに
ネイルサロン遍歴は
住んでる場所の変遷もあるけど
今で言うエリコネイル
→dashing diva
→エスネイル
→ブルーリーフ

基本23歳以降はスカルプじゃなく
自爪の長さのジェルネイル

サロンは、長い自爪ジェルを頑丈につくってくれるところ選びます

うん、
そしてネイルサロンでの
隣の席の会話が好物だったりするけど
そんな話はまたの機会に。

エアコンと甘皮のお手入れは大切にね❤︎すずみ






ガーーーン(T_T)
昨日、手土産まで持って気まずさ押し殺して取りに行ったクローズ…


何故か一巻だけないっ
どこ探してもないっ
ちょっとその場で読んだの覚えてるけど
その場に置いてきたっ?
隠された?トリッキー!

コンプリートじゃなきゃ意味がないのよ〜



しょうがないから二巻から黙々。
そう、ここ好き!
12巻の、新一年生頂上とり合戦!
軍司、秀吉、ゼットン…
それぞれがいいんだけど

私が痺れるのは



そう!
コメこと米崎のこのセリフ
「腐っても鯛でいてーんだよ」

私はね〜
勝ち続ける男にも
トップ君臨する男にも
もちろん格好良さは感じるけど
真に痺れるのは、
負けた男のプライド
キュン💕死ぬ💕



人生思い通りにならないこともある
そういう時に汚い手を使う人もいる
思い通りにいかないことを受け入れない人も。

でも負けた時
失敗した時にこそ
男の格好良さってでるよね

プライド、男気、
呼び方はなんでもいいけど
真のところにそれがある人は
そこからいくらでも這い上がっていけるから
女だって
負けてる時も離れないよ

言っておくけど
口で男気を語るのがそれじゃないから。
薄っぺらなプライドならないほうがいいよ。
周りが迷惑。

捨てるべきものと
守り抜くものが
ハッキリしてる男はかっこいいな。
なかなかいないけど。



うん、だから
ヤンキー漫画好きなの。

現実は、
こんなかっこよくない。
みんな甘ったれで、
言ってることと態度がチグハグで、
誘惑に弱くて、
だらしない。

ヤンキー漫画のヒーローよりも
現実の男の方が
100倍かっこわるい。100倍ださい。
でもほんとは現実の方が
100倍かっこよくて、100倍しびれる。

そう思うようになったのは
30歳目前くらいかな(ノ ̄▽ ̄)ノ

そして現実の男が
100倍みっともなくて100倍かっこいいと
思えるようになってからも、
相変わらず漫画はすき💕



うん、
クローズ読んでる私は
多分エロ漫画読んでる中学生男子ばりに
気持ち悪さやばいはずw
にやにや、キュルルーーン💕

石油と素直な感情を大切にね❤︎すずみ

お部屋の模様替えしてたら出てきた⤴︎
これなんだかわかります??


ただの定規じゃないよ〜
倍尺と呼ばれるものです。
多分、この世の中で、
新聞社の整理部記者(紙面編集する人)
しか持ってない
というか
他の人は持ってても何の役にも立たない
武器でございます。
私が持つとAVの家庭教師みたーい💕
って言うツッコミは
あまりにみんなしそうでつまんないよっ
→防御ෆ╹ .̮ ╹ෆ

1目盛が
片方は新聞社が使う長さの単位「倍」
もう片方は新聞の一行になってるの。



新聞は
見たらわかるけど
1ページの行数段数が決まっていて
文字の大きさも決まっています。
そのガチガチの規制の中、
いかに読みやすく見やすく面白く綺麗な
紙面をつくるか、
整理部はそれに腐心してます。

文章以外に
見出しの置き場をつくり
写真や地図を載せたり
連載のロゴを載せたり
そんなことを
その日の原稿が出てから印刷が始まる
数時間で試行錯誤するお仕事。
聞くだけで面倒くさくて大変そうですが、
めっちゃ面倒くさくて大変ですよ(。 >艸<)

私は日本経済新聞にいた5.5年のうち
4年間は都庁とか霞ヶ関の取材記者を
1.5年は整理部記者をしました。



会社に缶詰だし
体育会系だし
細かい作業多いし
隣の男性社員は外回りの記者と違ってスーツでビシッとキメる必要ないからよれよれしたシャツだし
一文字間違えると大変だし
若干社会不適合者っぽい東大卒多いし
外で総理とか社長とかに会えないし
わりと新聞記者の若手は嫌がるけど
私は編集の仕事が一番好きだったなぁ💕

すごく厳しいレギュレーションのなかで
独自性を見出すって
社会人の基本でござんす。

生きていくって
必ずしも何もかも自由なわけないじゃん
法律や規則や常識や
道徳やモラルや風習や
そういうものにガチガチに縛られるけど
その中でも意外と楽しむ方法はあって
楽しみつつ自分らしさを出していくって
わりと人生の縮図だと思う。

真っ白い画用紙に絵を描く人だけが
偉いわけじゃないよ



うん、部屋の掃除もたまにはするもんだ

栄養バランスと信頼を大切にね❤︎すずみ





↑このページのトップへ