勝手に出口調査でもトピックに上がってた
東大生の性生活♪

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5820.PNG

東大生に童貞が多いイメージは多分
1.お勉強に忙しくて青春乗り遅れたイメージ
2.プライドが高いため不確定要素の多い恋愛やセックス嫌い説
3.女よりも量子力学や複雑系数学に夢中疑惑
で構成されている気がします。

で、わりと当たってるのではないか?

私は大学は東大ではなくチャラい慶応でしたが
大学院にもDT臭ぷんぷんの人はそれなりにいました。

別に童貞は悪かない。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0075.JPG
東大大学院入学直前のワタシ。


エロ産業あがりのオネエサンから
言わせてもらうと
遊びたいのに遊ばずに
性への欲求を溜め込んでいた時期がながい男は
いくつか問題を抱えた類型がいます。

まずは大学デビュー系
男子校でもんもんと過ごし
東大になって急に合コン受けがよい飛び道具をゲット
それでチャラい東大生として遊びだした人。
この人たちは、
自分らにとって失われた高校時代に
遊んでいた元祖チャラ男たちに潜在的ライバル意識があるので
何かで勝とうとします。
何か、が
セックスの妙技とか
レディファースト精神などならいいのに
大抵、もっと屈折しており
多くが女からのチヤホヤされ度で勝とうとする。
しかしチヤホヤを根本的に間違えている。
よって
「女に自分はこれだけひどいことしてやった」という
なんの自慢にもならないことを自慢しだし、
それでも愛されているモテ男の自分に酔いしれたりします。
はい、だるい。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5819.PNG

あとは、
傷つくことを恐れる系。
10代の恋愛なんて100うって1あたりゃいいくらいの気持ちでへこたれないことが最も大事なのに
一度の失敗も許さない態度で挑もうとする。
でも当然、初心者なので失敗、、
というか自分の思い通りにならないことだらけなんだよ、恋愛なんて。
このタイプの人、
自分の思い通りにならないこと
傷つくこと
悔しい思いをすることに
耐性がゼロなので、
例えば他の男に女をとられるなんてことがあったら
乗り越えられないわけです。
犯罪するかストーカーになるか自傷するか。
はい、めんどい。

まぁ私は
東大出身のタイプAとタイプBの合わせ技証券マンと付き合ったことあるけど。

東大生の性の偏差値も低いが
私の男見る目も低いね∩(´∀`)∩

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5825.PNG

ちなみに
デコトラ特集にでてきたおっちゃんたち
総じてめっちゃ好み❤︎
かっこいい。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5826.PNG

ネイル長くて原稿書くのが日本一速いのは本当だよ。
ネイルでパソコン打っちゃいけない法律ができたら
迷わずワタシ作家は廃業します。

大学時代
学部も同じ、キャバクラも一瞬同じ
べったり四年間仲良しだったけど
ここ三年ほどいまいち会えてなかった親友に
優しいって褒められてにやにやしてる。
この歳になって初めて
性格を褒められるのがなんだかんだ一番ありがたいということに気づいてきた。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5829.JPG

しかし問題は
別に私、世間に
頭がいいとも美人ともクローズアップされていないような気がする件。

百歩譲って頭がいいと言われることはあっても…………。


お風呂入ってみたけど、まだ寝れる。これは何のビョーキ?眠れる森のおばさん病?

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3727.JPG

昨日、いつもの渋谷イーストクリニック
良心的な先生の
「形成外科医って黒いもの見るとけずりたくなっちゃうんだよね」
というひとことで

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5810.JPG

料金こみこみのオマケで
ホクロとってくれたんです。
で、こんな痛々しい顔してたよ。
加工とかしたらまだブログとかでお見せできる顔になるかと思ったけど
あ、なんか無理。
でもこの惨状が見せたくて。ごめん。
今はもう小さいかさぶたになりました。

前々から行くたびに、
それとらない?と言われてたんですが、
そんなに気にもしてなかったので
えー別に・・・と言ってました。
今回は
オマケでとってあげるからさ
と口説かれてとりました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5811.JPG

まぁたしかに
写真に写るくらいは目立つけど。

で、鼻の穴のところの方が
思いのほか深くて流血してたわけです。
流血はいいけど今年入って一番痛かったです。

正直、
そんなことより鼻を高くしたり
してほしい気がしないでもない。
まーでもこれでちょっと運気が変わったりすればラッキーやな。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5812.JPG

昨夜ごはん。
スーパーで手羽元でも手羽先でもなくチキンスティック買うようになって定番化したやつ

→チキンスティックを袋に入れて、片栗粉と塩胡椒適当にいれてシャカシャカ
→カラッと揚げて一旦リードか何かで多少油切ってから
→醤油、みりん、お酒、ごま、鷹の爪、砂糖を煮詰めた鍋でからめーる
→薬味ネギかけておわり

簡単うまい♪
男の人が好きな味だと思うよ〜

広めのカウンターキッチンだと揚げ物する気になるよね∩(´∀`)∩
芝浦の家が一番キッチン広かったかな?
その時もよく揚げ物してた。
西麻布の時みたいに部屋数が少ないと匂いが残るしね⤵︎

午後にマツエク行って来たよ

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5705.JPG

育毛期間を経て
ようやく上に約200本つけれるところまで復活したのでしっかりつけました。
ミンク12ミリ、C.SCカール、上190、下40
私は目尻も目の上も同じ長さをつけます。
サロンはビアンカアイズ。家から近いから。

そういえば、
askの方にネイルサロンについての質問いくつか来てました。
私が長らく通ってるのは
歌舞伎町の区役所の隣の雑居ビルにある
「WIZ」というお店。
もともとスカルプだったので
こういうデコデコしたのを得意とするところの方が居心地がいい笑。
あとタバコ吸えるとこが必須。
西麻布時代は渋谷のesNAILにいってました。大抵、取材と取材の間に時間があるときに仕事サボって行ってたわ〜

質問にあったけど、
ネイルサロンのWIZは
エミリアウィズとは無関係だよ笑。
エミリアのセットサロンていうのがあるらしく、それと混同されたみたいですが
行ったことないです。
セットサロンは
店にいた時はダイヤモンドビルのムスクか
プログレスにいってました。

昨日の整体で朝は揉み返し的なものが辛かったんだけど
マツエクちょっと寝てみたらたしかに身体はやや軽くなったような気がする。整体…あなどれぬ。
まぁ劇的に!という感じではないんだけど、ちょっとね。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5689.JPG

昨日は頭の骨もガッシガッシと鷲掴みにされたので
髪の毛逆毛だって昔懐かしい盛りヘアになって帰ったので帽子かぶっていってほんとによかったと思いました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5693.JPG

整体院にいたおデブな猫が可愛すぎた。

関係ないけど
「なんで病んでないんですか?」
っていう質問ウケました。
はい、これめちゃめちゃよく言われます笑

経歴的にメンヘラのけがありそうなのに
本人いたって精神衛生良さそうなのはなぜ?とか。

夜の世界にいたのになんでそんな健康的な考えなんですか?とか。

同年代の物書きは鬱っぽいのウリにしてる人が多いのになんでまったく病みがないんですか?とか。

そんなこと私に言われても。
別に私は精神衛生状態が常に良いわけではないですよ。
生理前とか触るもの皆傷つける。
機嫌が悪いこともあれば
イラっとすることもあります。

でもたしかにメンタリティがメンヘラではないでしょうね。
ギャル上がりだからじゃないですか?笑
物事を深く考えずに手をパラパラ動かす。

でも、
同年代といっても大体2〜3個下のひとをみんな例示してくるじゃないですか?
実はそこに結構なデバイドがあるかもしれませんね。
私とまったくの同い年でメンヘラって流行ってなかったですよ。
というか誰もそんなに病んではいなかったですよ。
最近はファッション病みなんていうイかれた言葉まで登場してますが。
メンヘラ、とか闇、とか
言葉の創造は事態の創造を生みますから
別にみんながこぞって流行りに乗ってるとまでは言いませんが
そういうことを自称する雰囲気はありますね。
メンタリティがメンヘラではない、
って
言わば当たり前なんですよ。
その言葉、概念がなかったんだから。

あと、
ご指摘にあったとおり、
学歴が高くて家が裕福で夜の世界にいた経歴の人は病み系と勘違いされがち
というのはそうかもしれないですね。
だから私なんかの場合は
屈折してるであろうという憶測ありきで見られて
普通というだけで過剰に健康に見えるんですかね?

キャバクラなんていう下品な仕事しなくても十分楽しく華やかに暮らせるのにわざわざするってことは何か心に闇が…的な?
たしかにこういう安易なこと言ってくる人いましたね、当時も。大抵おじさんですね。
私が最初に水商売したのって18歳だから
考えてみれば15年前で、
たしかにその頃は今よりは夜の世界の闇が深かった気はします。
少なくとも親公認キャバ嬢イェーイみたいな人あんまりいなかったですね笑。

でも
キャバクラなんていう下品な仕事しなくても十分楽しく華やかに暮らせるけれどもなんとなくキャバで働いている人。
その仕事くらいでしか高収入への道が思いつかず必然的に選択した人。
私は後者の方が尊敬しますが。
どう考えても後者の方が苦労も病む要素も多くないですか?
逃げ場がない不安とか
先が見えない不安とか。
それがあるからこそ
仕事頑張ってたり
仕事以外に生きがいを見つけてたり
紡ぐ言葉が面白かったりする。

私の慶応の同級生で上手いことキャバクラあたりでお小遣い稼ぎしていた軍団は
もちろん私と同等あるいはそれ以上の
一流企業に吸収されていきましたよ。
誰も病んでません。
そして誰も言葉は紡ぎません

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5694.JPG

とにもかくにも
私は良くも悪くも物事を深く考えないというのはあります。
当然、短所でもあります。
作家として何か決定的に欠けているとしたらそのあたりでもあります。

物書き界隈にあまり友達がいないのも当然
というかそもそも
物事を深く考えすぎる、くらいの人が
ものを書いたりするわけですもんね。

でも、
私わりと要領が良いので
一考するのも
百考しても
結論ほぼ同じなんですよね。
だから買い物とか死ぬほど早いです。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5698.JPG

夜ご飯のメニュー考えるのも早いよ。
冬は鍋出しときゃいいでしょ的な。
昨夜というか今日の早朝というか…も
キャベツと豚バラを白だしでひたすら煮込んだ生姜鍋にしました。
基本的によって寒いとこから帰って来た男には沁みる系スープもの出しとけばいいよ笑

深く考えていないと言われればたしかにそうですが
私としては
長く考えていない、と言って欲しい!笑

今思えば
ここまでの30年、欲しいものはわりと容易く手に入った人生だったけど
本当に心から何か欲しいという渇望自体には飢えていたかもしれません。

↑このページのトップへ