おはようございます

いよいよ来週水曜日!8月3日に

11thシングル「Love is MY RAIL」リリースです!

きゃーーー!!!!!

この曲の魅力を少しでも多く伝えたくて、

最近は取材で楽しく楽曲について

お話させて頂いてます

自分の気持ちをCDやライブ以外の方法で

届けて下さる方がいるって幸せだ~

沢山の方に愛して頂けますように…!




さてさて! 今日は先週のラジオ「THE CATCH」で

音源初解禁になった11thシングル「Love is MY RAIL」

通常盤カップリング曲「miss blue」について

書きますね(*´∇`*)




この曲は表題曲の「Love is MY RAIL」の作編曲をして下さった

白戸佑輔さんが作詞作曲をして下さいました!

2thシングル「DAYS of DASH」の頃から

お世話になっていて、私のことを良く知って下さっている方です。

この曲は、青春の「青」をイメージして歌っていて、

「夏休みの40日間」がテーマです!

過ぎていった青春時代を思い出して時に切なくなったり、

その日々が愛おしく感じたり…

自分自身、友達と悔いなく青春を過ごせたから

今を思い切り頑張れる所も大きくて、

そういう根元にある気持ちや

友達との関係性は全然変わってなくて

そんな温かさもこの曲にこめました。

特に1番サビの「ひたすら走った あの日々があるから

思い出って綺麗なんだ」って所は、

ガムシャラに過ごした青春の日々が

今の私を支えてくれる1つだと思ってるので、

自分の気持ちそのままで、とても好きです。

私にとっての1番の青春は、高校3年生の時。

夏休みは学校がお休みで自由に過ごせるのが

毎年嬉しかったのに、卒業を意識し始めた途端に

もう後ちょっとしか友達と一緒に過ごせないんだと思うと

急に学校が恋しくなっちゃって

毎日のように卒業制作を作りに学校へ行ってました。

それでも話し足りないし別れるのが名残惜しくて

放課後に家のすぐ近くで「暑い!」って言いながら

何時間も立ち話をしていた思い出を

思い浮かべて歌いました(´∀`)

そんな思い出たちが、気持ちを呼び起こしてくれたお陰で、

この曲のメロディーや歌詞に自然と入り込むことが出来ました。

メロディー的にもシンプルだからこそ、

鈴木このみらしさはありつつ

新しい声の出し方が発見出来たなぁと思います!

例えば1番Aメロの「青い春の中で」の部分は、

懐かしい記憶をゆっくり思い浮かべている感覚で歌ったので

スッと柔らかい声が出てきたりしました♪

そんな所にも注目して頂けると嬉しいです!

ぜひ皆さんの青春時代を思い出して聴いてほしい

1曲です☆

そして、間奏の「WowWow」の部分は

ライブで皆に歌ってほしいパート!

レコーディングの時は、その場にいたスタッフさんや

作詞作曲をして下さった白戸佑輔さんにも

一緒に歌って頂きました!

15504

白戸さんとスタッフさんが歌ってるのを

こっそりパシャリ…( ̄ー ̄)




そして、初回限定盤のカップリング曲「Don't stop me now」も

ダンスナンバーなんですが、

「miss blue」にも今フリを付けて頂いていて

どちらも違った雰囲気になっているので、

ライブで披露するのが楽しみだな~!

11thシングル「Love is MY RAIL」のリリースイベントは、

8月6日が東京!アキバ☆ソフマップ1号店さま、

AKIHABARAゲーマーズ本店で行います

8月13日が大阪!ゲーマーズなんば店さまで

開催します

詳しくはコチラから↓

http://konomi-suzuki.net/information/11th_single_detail.html

ぜひぜひ遊びに来て下さいね♪

それでは、今からお仕事!

張り切って行ってきまーす