と大げさに言ってみましたが、
ギター弄って遊んでるっていう話です。
その昔、Death Fileというクソガキが集まったバンドに在籍してました。
今やUnitedのシンガーである湯浅や
INOFRTHEKILL.Bat CaveもとうちのメンバーでもあったRyosuke
今やその姿すら見なくなってしまったRyu
でやってました。
若いバンドだったからとにかく勢いだけは誰にも負けなかった。そんな自分のルーツなんだけど、
その時使ってたギターはずっと持ってるんだよ。
最近ずっと家に置きっぱなしになっていた
JacksonのKing V所謂共和Jacksonなんだけど。。
なんとかまた使えないかな?と考えついたのが
今回のギターいじりの始まりです。
どっかショップに出してとも考えたけど、
最近なんでも自分でやるようになったし
凝り性だし、テーマもあったしで自分でやろうかな?なんて思ったんだよね。
テーマはMadmax感を全面にだした、インターセプターのようなKing Vってところなんだけど、
先ずはこんな状態

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2885.JPG
パーツも殆ど外したし、当時の大人の事情で
色もロゴも違うものになってしまったし、
どうしてもJacksonとして復元したいから
という事で先ずは下処理しながら
かなりラフに仕上げていこうかなって思い
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3277.JPG
下地をシルバーで塗装、
後でこれが大切になるのでまずはこれ
そしてその次は艶消しブラックを吹きます。
O2JwrScX7B.jpg
まあこんな感じになる訳です。
目止め作業とかは特にしないのでいい感じに
下の木目も出てしまうんだけど、Madmax感をだす為には必要なラフさなのでここは気にしません(笑)
そしてここからがお楽しみ、エッジ部分を少しずつ削って下地のシルバーを出します。
この雰囲気とても大切なんだよ。
激しいカーチェイスで削れたようなイメージです。
同時に錆びた鉄をイメージしてるので、
錆塗料を使ってその雰囲気を出していきます。
ブラウン系の色をスポンジで叩いて、
乾ききらないうちにイエロー系の色を叩きます。
かなりいい雰囲気になってくる。
これ凄いね!マジ普通の錆だよ。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3337.HEIC
持った時の雰囲気もチェックしながら
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3341.JPG
いい感じになってきたので、ロゴも復元して
ほぼほぼ完成。
後は艶消しでトップコートして、
パーツを組み込んだらステージへ。
こうやっていじれる物は自分でやると楽しいね。
これもまたギターの楽しみだと思う。
沢山ギターに触れて中身も見てサウンドやプレイも知り尽くした男になっていく訳ですよ。
いやー夢があるよギターには。何年経ってもその熱は下がらない。
むしろスペースさえあればギター買うことばかり考えてしまうね。
完成したらまた載せます!よろしく!