まずは2013年まだ寒い時期にkreatorとのロシアツアー。早くも2度目のツアーだ。
初回に比べたら慣れたもので、ロシア自体を楽しめるようになった。
向かうはモスクワ。いつものホテルに到着しチェックインしてのんびりウォッカ飲んで過ごす。レストランも行ったか。
そして遂に始まるあのkreatorとのツアー。
会場へ着くと既にサウンドチェックが行われている。
いきなりブチ上がるよね。目の前にいるもん奴らが(笑)
この日は手短にサウンドチェックして本番までの僅かな時間を楽屋で過ごす。
いざ本番!前回ファンになってくれた人も大勢来てくれて、物凄いサークルが起きてた。2つもね👍
この日はとにかく盛り上がりに盛り上がったよ。
kreatorは言わずもがな凄すぎる、気迫、エネルギー、テンション、全てが神の領域にいってる。サウンドも凄いよ。これが、世界を渡り歩くバンドの強さだね。尊敬!
楽屋でも気さくなmille、そして終演後この日のサインと写真攻めはすごかったね。
しかもみんなウォッカ奢ってくれるから最後の方はヘロヘロだよ(笑)これもロシアのいい所。中には今回俺たちの街に来てくれねーから20時間かけて電車で来たって奴もいた。
前回SURVIVEと撮ったデカいパネルを持ち込んでサインをくれという。
嬉しかったねーー
そしてこの日は敢えてホテルは取らずにサンクトペテルブルク市まで電車で行きたいとマネージャーに伝え、その時間まで日本スタイルの打ち上げをパブで行う。ロシアで仲良くなった仲間達を呼んで皆んなで飲んだねー。
中ではパブの箱バンが演奏してた、metallicaやらSUM41やらやってて中々面白い。
そして電車で移動。即寝るよそりゃ。
サンクトペテルブルク市に着いてこの日は➖19度凄く寒いけどなんか平気。
ホテル行く前に会場へ。スキンヘッドマネージャーが水道で頭洗ってたから真似してみたらめちゃくちゃ冷てーーー。
そしてサウンドチェックしてこの日も臨戦態勢だ!
サンクトペテルブルクは沢山のファンに囲まれて凄まじく盛り上がったよ。
最高だった!ライブ後はmilleが楽屋に尋ねてきて話しかけてくれてsinjilow号泣や(奴がキッズの頃からアイドルだからね)皆んなで酒飲んで楽しい時間を過ごした。
そしてその後はバルト三国でのOVERKILLとのツアー。
凄すぎ。楽しすぎ。しかもバルト三国ってどこ?って感じだったけど、ロシアの横でもとロシアね、ソ連か。
ここはとてもいい国で、観光メインの街みたいだね。イギリス人がやたらといた。
初日はやはりバーで過ごす。ホテルのとなりに気の利いたバーがあるからそりゃいくよね。
リンゴで作ったウォッカや色んな種類のウォッカを飲む。
会場は割と小さなクラブ。OVERKILLとも対面!!みんなとても気さくで優しい。
初日は地元バンドが付いててこれまたいい感じ。古いメタリカスタイルのバンドでね。
仲良くなれたよ。そして俺たち。心の底から楽しんだ。バンド始めたばかりの頃のような空気でライブやれた。
OVERKILLギターが訳あってなのか1人居なかったけど、それでも凄いライブだった。
貫禄。その言葉しかでなかったね。
2日目はSURVIVEが演奏してる時に袖でマジ顔でブリッツがずっと見てる。緊張感半端ないね。そしてこの日もいい雰囲気で終われた。
何より笑えるのがライブ終わって暫くしてからトイレで用を足してたんだよ俺。
そしたらOVERKILLがその前の廊下でウォームアップ始めて、出にくい空気になってたから暫く中に居たんだ。そしたれブリッツが歌声のテンションでウォームアップ始めた。
そして奴も用を足したくなったんだろう。
1つしかないそのトイレのノブをガチャガチャガチャガチャやってきた。ああ外出るかと思ったら、歌声のまま「I want to piss〜〜〜」
って、(笑)ああ、俺OVERKILLとツアーしてるんだなって実感した瞬間だったね。
最終日にはすっかり仲良くなり、ギターのデイブも変な日本語で話しかけてきたりLoudnessのリフ弾いてドヤ顔してたりとナイスガイだった。俺たちのリフもコピーしてたね(笑)
そんなこんなで最終日はプロモーターが用意してくれた超スウィートルームでゆっくり休めた。広過ぎてビビったよ。
そして帰国してからいくつかのショーをやりその年の後半はあのアメリカンデスメタルのレジェンドincantationとのヨーロッパツアーが決まった。これはまた長くなるから次回!!!