なんだか色々考えさせられたよ。 
始めて会った時の事や、大切な先輩だったことや、殺したい位ムカついた事も。 
でも本当に早すぎ。 
もう少し頑張っても良かったじゃないか。 
俺が始めて千葉LOOKでユナイの前座としてDEATH FILEで出た時、右も左も分からないクソガキだった頃に、お前らすげーじゃんって声かけてきてくれて、それから本当にライブにも沢山遊びに来てくれて、チケット買ってでも見に来てくれた事嬉しかった。 
まだガキだったから、先輩バンドに因縁つけられるとその度にそいつらに嫌味言いに来て守ってくれたり、
いつも励まされてた気がする。 
初めて名古屋、大阪クアトロ、渋谷O−WESTのツアーでも楽屋でメンバー同士口論になった時も出番前なのに話を聞いてくれたり。 
その後も大きなレーベルと契約できたり、SURVIVEになってからはクアトロでヘッドライナーやりたがってた俺を社長と話して説得してくれたり
お世話になりっぱなしだったよ。 
当たり前に近くにいた先輩だし、悪態も沢山ついたし、ムカつく思いで絶対負けない!見返してやると思って今まで頑張ってこれたよ。 
心の柱だったからね、あなたは。 
後半は殆ど話したりしなかったけど、いつも心配してたよ。 
体調気をつけてといつも伝えてたけど。その都度俺は大丈夫って言ってたのに、もっともっとロックしてからでも死ねたのに。 
つい数ヶ月前、BARに人が居なくて2人で話した時も体調かなり悪そうだったし、何度も病院行った方がいいと言っても聞かなかったのはなんで?あの時ぶん殴ってでも連れていけば良かったか。 
何かあなたは悟ってたのかな?
今でも気がかりです。 
先々週会った時、2周年おめでとうの言葉にあなたは珍しく握手をしてお前ロシアツアー頑張れよ!終わったらまた店来いって言われたのが嬉しかったけど変な違和感だったよ。 
あまりにも寂しすぎる。 
30年も日本のメタルシーン牽引してきてこんな最後なんて寂しすぎる。 
もうあなたには逢えないけど、その意思は必ず俺がやり続けるから見守ってください。 
今日はロシアのクラスノヤルスクに居るけど何故か俺達が滞在中だけ暖かいみたい。 
それはまるでいつもあなたが俺達に向けてくれる優しい眼差しのようです。 
アーティスト業はあまりにも儚く孤独ですね。 
たった独りで逝ってしまった事が今でも悔やまれます。 
あなたは沢山闘ったから次のステージは気負わずに更に好き勝手やってよ。今でもあなたの声と笑顔を思い出します。
あなたのお陰で今の俺はここにいます。
今まで本当にありがとうございました。
葬儀にも、集まりにも行けないですが、どうか沢山の人に大騒ぎで死出の旅についてください。
酒もラーメンもジャンクも何でもあることでしょう。 
帰国したらすぐ逢いに行くから。 
 NEMO
 
REBEL-SURVIVE.com