昨日は高校の時から通い続けてる
Sound Studio M Kashiwaの30周年イベント
@柏Aliveでした!
当時は豊四季という所にあった柏AliveとStudio Mとのセットというのが俺の青春だったけど
今でもあんまり変わらないかな。
会場入りして大谷さん、名倉君と共に受付辺りに居たけど会場入りしてくるメンツ見て
1人1人色んな濃いエピソードがあって
思い出しては笑う話だなーとそんな事ばっかり
繰り返してた、当時のKCはこんなだったあんなだったと話してたけど若さ故に今思うと無茶苦茶じゃねえか!という話になるけど、それも古き良き
根性論世代の夢の跡かなって思えます。
儚いよなー
イベントの方は素晴らしいバンドのオンパレード
島君も相変わらずセクシーなステージだったし
普段スタジオでしか会わないけどChuckyやBack Fireも長い事やり続けてる説得力あるステージだったしひどろはるかの世界観は心地よかったし、kamome kamomeは相変わらずの天才集団、Unitedも流石KCを長年見守ってくれてる大谷さん祭りでしたね。
そしてAlive Crewも絶対的な4人が居て
最早実家に帰った気分で気楽にやれました。
そう近年はこの気楽さが欠けているのかも。
社会も常にギスギスしてるし、ミュージシャンも
何かに怯えてる事多いし、やる事増えた割に
昔ほどの成果は得られないしね。
このメーター振り切ってやりたい事やる
言いたい事言う、時には喧嘩にもなる
だけど悪意あるものではなく全てはユーモア溢れる行為な訳で
それを笑って過ごしてた時代はやはり良質な
ミュージシャンが多かったよ。
ギターの音数やスキルどうこうよりも
やはり初期衝動な何かを伝えたい、何かを突破していきたいって想いが音楽の原点なんだろうな。
ここにきて俺もそういうの忘れかけてたのかもしれない。
そういう想い、衝動、やりたいからとことんやる
あの頃を思い出した。完全に思い出した。
そりゃあの頃より皆おっさんになったけど
その経験を生かした事をプラスしてできるはず。
歳を言い訳にしてちゃダメだな。
柏の天才達とやれて良かったよ。
そして普段からベタベタと付き合う訳ではないけどこうして一堂に集まる時のこの繋がりって
ちょっと他ではないね。未だ見た事ない。
この街はまだまだ奇跡的な出来事が沢山起こりうると思うしまだまだやり続けていかないとって強く思う1日だった。
そして今年会えた人、また会場に来てくれた皆さんありがとうございました。
また来年も会いましょう!!
2020年もいい年であるように願います。

NEMO
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7906.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7914.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7916.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7915.JPG