このようにスーパー飛び級のシステムによって、これらの子たちが高校生になったときには高1で高3の全国模試を受けても志望する難関国立大学の合格判定がA判定と出るのです。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1402.HEIC
[ 写真はアーガス・スーパー飛び級生4歳の女の子の上履きです。( ^ω^ ) ]

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1140.HEIC
前回のつづき

そして、小学4年生から小学6年生の3年間で中学校3年間の数学の学習を終え、平均的に小学校卒業時には高校の数学IAまで学習が到達しております。もちろん、天才的な才能を本格的に発揮している塾生は中学1年生に上がる前に高校の数学IIIを修了する者もおります。

つづく

(写真は四天王寺五重塔と阿倍野ハルカスです)

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1166.HEIC
まず、アーガス進学会スーパー飛び級の仕組みを少しご説明します。

小学生低学年のうちに(知らない物事に対して知りたいという好奇心が旺盛なうちに)、算数を切り口に本当の勉強の愉しさを学んでいただきます。

どの子どもたちも天才的な才能を持っていますので、たとえば小学2年生の4月からスタートされた場合、小学3年生が終わるまでに小学校6年間の算数の学習をすべて終え、中学校の数学の学習に入っております。

つづく

(写真は談山神社境内のご神木です)

↑このページのトップへ