考えなければならないことがある。
考えるのはたまにしんどい。
だけど、ひらめきは楽しい。
この一瞬のために生きているんじゃないかと感激するほど。

わかっていながらたまにぶっ飛んでもみるのだが。 
そういう時にもまた、新しい発見がある。


発明は人類の大きな一歩。
発見は人生の大きな一歩。



一等星から六等星の順は、人間が肉眼で見た光の輝きで決められているらしい。
これには距離が関係しているから、もしかすると人間が六等級と決めた星は一等級よりも大きく明るいのかもしれない。という感じにブラックジャック先生とピノコがアニメの中で話していたのを思い出した。


本当のことは見えにくい。正しいとか間違いとかそういうのでもない。
そう感じるほど、万物はたくさんの可能性を秘めているなと思うわけです。



オリオン座流星群にはお目にかかれなかったけど、いい夜だ。


大事なのは、そこに在るってこと。



おやすみなさい!