月別アーカイブ / 2014年06月

おととい、凱旋ライブを終えました。
 
酪農学園大学はやっぱりでっかくて、やっぱりやっぱりで、うん。
二重窓の間にひっくり返っているてんとう虫やカメムシもやっぱり。
雨が降ったり止んだり。
ありがたいことに、歌う時は晴れてほっとしました。
風が強かったけど、音がまっすぐ前方に行かない感じが良かったのではないかと勝手に思っております。
 
 
 
白樺祭、あのメインステージで学生時代に立つことはなかった。
でも凱旋でステージに立てるとも思っていなかった。
なぜなら、我が母校は毎年お笑い芸人を呼んでいたから。
だから、ミュージシャンを呼んでくれたことにちょっと感激していた。
 
大学時代、部長をやっていた私はサークル活動のための申請で学生課というところに大変お世話になった。
4年目の白樺祭の最後の思い出は、いつも借りていた会場が、試験だか説明会があるため、貸し出しは出来ないとのことで、教室もだめ、部室もだめ、外もだめ、という感じでとても悔しかったこと。
この日のために準備して来たものを騒音問題が、防犯対策が、と言われ、何かにつけてだめで結局、ライブは出来なかった。
ライブはメインステージのみ。そんな思い出だ。
 
大人って面倒なことには考えもしないで駄目っていうんだな。
即答で、「出来ないものは出来ない」と。
学生がやりたいことを出来るようにするのが大学なんじゃないのかと。
当時は内心、そんなむちゃくちゃな気持ちでいっぱいだった。
ツガワさんは元気だろうか、あの人とっても夢のあるひとだった。
 
 
その年は、白樺実行委員も少なくて「白樺祭がなくなるんじゃないか」とも噂されていた。
やりたいことがあるのに、無いなら無いで、なんていうのはとても残念である。
 
そんな風な私にとっての最後の白樺祭、それ以来の学園祭訪問であったから、今回のライブはとても感慨深いものだった。
 
 
呼んでくださった皆様、来て観て聴いてくださった皆様、本当にありがとうございました。
ぜひ、これからも白樺祭、続けて行けますよう力を合わせて盛り上げていただきたい。
大学は、自分で動かないと何も始まりません。
社会ではもっとそう。
学生さん、力強く、好きなことに走り続けてください。
支えてくれる人たちはすぐ側にいますから。
 
 
 
 
何度あの駅からのあの道を歩いただろう。
道立図書館の道から、私の高校、大学のイメージは始まる。
私は、あの二本のポプラの木が大好きである。
 
中学の担任の先生が「きっと気に入るから」と、とわの森三愛高校を勧めてくれて家族が背中を押してくれたおかげで、
高校の後輩や友だちが歌をほめてくれて、先生方が酪農学園大学(正しくは音楽研究会)を勧めてくれたおかげで、
先輩がライブハウスを紹介してくれたおかげで、今がある。
 
今でも自由に音楽が出来ている。
続けていれば良いことがあるもんだ。
 
 
すべての人にありがとう。
また、よかったら呼んでください!

こんばんは
 
先週末から今週頭について。
 
 
朝の8時に待ち合わせてReiちゃんとお茶。
■なんて優しい子なんだ
 
集合時間に目を覚ました私を許してくれた。
もうしません。(当たり前)
ドライブが好きとのことなので、今度は海、水族館に行こうかしら。
プレゼント、どうもありがとう。 (^^
 
 
 
 
次の日、
動物園に行って来た。
ねごとのさちこちゃんとゆうちゃんと一緒に。
 
■このデザインとっても良い
 
初めてこの目でパンダを見た。
ゾウやキリン、オカピ、そしてカバ。
他にもたくさんの動物に魅了されて来た。
ライオン、トラ、ゴリラには遭遇できなかった。
ワニもアシカも割と寝ていた。
そんなわけで、また行く気になる。
 
 
■年間パスポート、買うかも。
 
同じ事務所のお友達が増えて、うきうきしている。
今度はみそちゃんも一緒にいけたらいいな。 
 
 
 
  
そして、高校の頃の友達とご飯。
三年間クラスが一緒の友。
みんなちゃんと女性だなとつくづく。
年を重ねて、また違う輝きがあるもんだ。
浅草に行ったとのことで、お土産を注文したところスプーンをいただいた。
 
■「浅草っぽいでしょ?」だって。確かに。(浅草って書いてあるし)
うそうそ!ありがたく使わせていただく。
 
 
ご飯を食べながら、懐かしくてはしゃいだり、偉そうにしゃべってしまっていたところも、大目に見てくれていると思うからあまり気にしていない。
本音が言えたこと、言ってくれたことに満足している。あの子はきっとすぐ忘れるけど。
私が覚えていることで良ければ、昔話に花を咲かせよう。
 
 
 
前にもどこかに書いた気がするのだが、高校時代の友人はとても素敵な女だらけだ。
なんといっても笑顔が素敵だから、出来るだけ笑っていてほしい。
思い浮かぶ顔はいつも笑顔である。
 
ぜひとも、彼女たちにはいつだって幸せが訪れますように。
そしていつか、よりたくさんのこと気兼ねなく話してくれますように。
良い報告が出来るように私もいろいろとこなしていかねば。
 
 
 
今はたったの人生の一部である。
そのことをいつか私にもわかるように話してほしい。
 
 
 

 
こんにちは。
 
 
ご無沙汰である。
 
週末にあったインストアイベントを一通り終えまして、残るは今度の日曜日!
イオンモール石巻で歌います。
 
短い時間ではありますが、ぜひ足を運んでいただけたらうれしいです。
お待ちしております!
 
 
 
梅雨が始まったそうな。
夏までのカウントダウン。(どこから夏なのだろうか)
 
夏はフェス。フェスです。
 
去年も出演させていただきました。

!!音霊!!

 
「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014 夏の黄昏」
公演日:7/6(日)
会 場:音霊 OTODAMA SEA STUDIO
時 間:OPEN15:15 / START16:00
料 金:¥3,000(前売) / ¥3,500(当日)
出 演:住岡梨奈/DEPAPEPE/堂島孝平/吉田山田 (50音順) OA:丸本莉子
チケット:5/31(土)10:00~販売開始
 チケットぴあ ?0570-02-9999 Pコード:560-941
 ローソンチケット ?0570-084-003 Lコード:後日
 イープラス http://eplus.jp
問合せ:OTODAMA 運営事務局(11:00~20:00)046-870-6040 http://www.otodama-beach.com
 
■これは去年のステージ(とても暑かった記憶)
 
海のそばで、また歌えるのね。
とても楽しみである。
 
 
 
 
。。。。。。。。。。。
 
夏はカレー。
夏はカレー。
 
 
見て!
 
 
 
■母がお土産にくれた流氷カレーです。(冷たいわけではない)
 
 
これ、ホタテがいい味出しています。
おいしいですよ。
 
皆さんもぜひ。
 
 
夏がこんなに楽しみなのは、3年前くらいの私には想像できないだろうな。
なんだかいい調子。いい調子。
 
花火も浴衣も、りんご飴とお面も。
手を伸ばせば届くはずの憧れが意外とたくさんありますね。
あるはず。
 
 
もっと背伸びして。
良い夏迎えましょう!

↑このページのトップへ