先日、出産レポ 前編を書きましたが、これで完結です。
なかなかまとめるのが遅くなってしまってごめんなさい。

それでは続きです。
分娩台へ行き、いよいよ!
でも感情がぐちゃぐちゃでなんともない気持ち。
約10ヶ月間お腹にいた娘にやっと会える嬉しさと、もうお腹にはいなくなるのかぁ…っという寂しさと、本当にちゃんと生まれてきてくれるのかなっていう心配と…。
でもそのぐちゃぐちゃになっている私を察したのか、立ち会ってくれた主人がそっと手を握って
"大丈夫だよ"
っと一言。
すごいなぁ、たった一言の言葉なのにとても勇気づけられた私

ここからは娘と一緒に。
私だけが痛くて苦しい訳じゃない。まだ見ぬ世界に出ようとしてる娘も必死だもの。

先生の吸って吐いて〜の言葉とともに繰り返す事約4回(うる覚えだけど、確かそのくらい)
大きな産声が!

涙で生まれた娘をうまく見れなかったけど…笑
ちっちゃい身体ながら一生懸命ない泣いてる姿にまた感動。
顔の横に娘を連れてきてくれて3人で写真を撮ってくれました。
私なんかボロボロだけど大好きな大切な写真です。
写真を撮り終わったあと、すぐに主人と助産師さんは娘の身長や体重などを測りに別の部屋へ。

私はというと普通分娩だったので、縫う作業…
先輩ママやネットで調べすぎて恐怖でしかなかったのですが、切開の際は先生が声をかけてくれたのですが、それよりも陣痛の方が痛いので切開したのも気がつかなかったレベルでした。笑
縫うのも、げ!😱ってなりましたがチクっとするくらいで想像よりかは…という感じです。
でも最後の方は痛くて、先生痛いです!って言ったら漫画の世界で見るような大きな注射器出してきて麻酔をしてくれました。。

で、全ての処置が終わり…起き上がろうとしたらビックリするくらい力が入らない&腕と足がこの出産の間に筋肉痛になったみたいな痛みと骨盤がゴキっゴキっと体の中でなってる音がして、こんな事になった事がないので恐怖で…
さすがに今度こそ車椅子に乗せて部屋まで連れていってくれるかと思ったらまた歩き…笑
鬼すぎ〜〜笑 って心の中で叫びました。

私の出産レポートは以上です。

破水から始まり、陣痛がきて約1時間ちょっとで生まれてきてくれた娘。
妊娠中・出産は十人十色と言いますし、初産だった事もあって楽しみな反面、不安でしかなかったマタニティライフ。
長いようであっという間でしたが、私にとって忘れられない1年になりました。

出産後の処置、こわい。。と思ってしまう方いると思いますが…
注射も無理な私でさえ乗り越えられたし、一生続く痛みではないし、その痛みを乗り越えられた先には今までに感じた事のない幸せな気持ちでいっぱいになります。
もちろん産後は産後で大変な事もあるし悩み事だって増えるかもしれませんが…
子供の成長はあっという間です。

娘もあと2ヶ月ちょっとで1歳。
あれからもう1年。
娘はどのくらい大きくなったのかな。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7182.JPG

こういうまとめるのが不得意ですが…
最後まで読んでくださってありがとうございます!!


risako🌼




✴︎Instagram✴︎




✴︎Ameba blog✴︎