月別アーカイブ / 2015年08月

先日。
久しぶりにこの人と会った。



帽子には『JAPAN』と大きく書いてある。
いや、分かっとるわ!
とツッコミを入れたくなるのをグッとこらえて、彼と新宿を歩いた。


………目立つ。


本当によく目立つ。
目立つといえば"加藤 諒"
"加藤 諒"といえば目立つ。
もうこれはイコールだ。


週1.2という驚異的なペースで会っている彼と今回向かったのは、
『ブロードウェイミュージカルライブ2015』である。



というのも、ライブスペクタクル『NARUTO』で共演した悠未ひろさんが出演されていたのだ。

いやーーー姉さん歌うんまい…


NARUTOの頃から毎日その美声を轟かせていらっしゃったのだけど、生の楽器と照明に照らされダンサーを引き連れて歌い踊る姿は、僕には新鮮かつカッコよく映ったのであります。
ダンスもカッコよかったなぁ。
魅せ方に長けているパフォーマンスに感激でした。

セクシーともちんも観れたし♡
とても貴重な体験をさせていただきました。


あとはそのライブに出演されていた、
吉沢梨絵さんが
僕が12歳ごろに観た、劇団四季さんの『ウィキッド』の曲を歌っていらっしゃってなんだか涙が出そうになりました。
舞台という世界を知った作品であり、
今でも心に残る作品の一つだったので、観劇したころの気持ちが蘇ってきました。

くぅ~ウィキッドもう1回みてぇよぉ~



他にも川平慈英さんが素敵でした。
歌って踊る。ミュージカルのワンシーンを見ているような、引き込まれるステージングでした!!


姉さん!素敵な体験をありがとうございました!!



隣で加藤諒も目を輝かせておりました。


いや、しかし…


ここでも目立つ。笑



楽しかったね諒ちゃん。笑

ほなね。

舞台『七人ぐらいの兵士』

無事に昨日、全36ステージを終えることができました。

まずはじめに、お越し下さったお客様、関係者、スタッフの皆様、さんまさんをはじめとする共演者の皆様、本当にありがとうございました!!


いやー濃い二カ月でした。


最初自分がこのキャストの中でお芝居をするというお話をいただいた時は、
前回の作品を観ていたこともあり、
ただただ嬉しかったのを覚えています。

これだけお笑いと演劇が融合している作品は他にないし、いつかは出てみたいと思っていました。
それがこんなに早く実現するとは…
本当に運がいいというか、
作品に恵まれているというか…



稽古場初日から、勉強になったことだらけでした。
かつ、そんな中で自分の色をどこで出すかが勝負でもあり、でなければ西口は自分がやる意味がないと思い必死に模索していました。
そんな中で一番に思ったことは…


明石家さんまさんカッコよすぎ。


ということでした。
今回初めてお芝居でご一緒させていただくなかで、こんなにカッコいい人がいるんだなぁ。と実感しました。


まぁ具体的なカッコいいエピソードは僕の胸にそっとしまっておく事にするんだけど…笑
雰囲気というか、人を見守る姿や、仕事への姿勢だったり…
僕自身も仕事が大好きだし、それなりの信念でやってきているけど、それよりさらに大きなエネルギーを持たれている姿にただただ感服しました。

ジャンルは違うかもしれないけど、
そんなことを飛び越えて憧れるほどの魅力がありました。


俺もあんなカッコいい大人になる。


そんな目標がまた一つできました。



 座長らしさというか、
こんなに頼れる背中で、力で、空気でカンパニーを盛り上げる。
そんな部分を間近で見ることができて、
次の作品でこれから自分がやる役割の凄さを改めて感じました。


僕は毎日皆さんをごはんに連れて行ったりは出来ないけど、雰囲気とかカンパニーに対する気持ちはさんまさんを目指して、自分なりの形でハイキューで"座長"やりたいと思います。


気づけば『学校のカイダン』から『媚空』で『NARUTO』で『七人ぐらいの兵士』と休みなくやらせていただいたので、ようやく僕なりの上半期が終わったかなぁと、少しホッとしつつ充実を噛み締めております。


さぁ!!!!
ここからは下半期!!!!!笑

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー‼︎』

がんばりやす!!


長くなったから今日はここまで笑
下書きなしだから読みずらいかも!
ではまたね!



やぁやぁ。
須賀健太です。

今日はとても幸せな事がありました。

何かは内緒だけど。

自分の至らなさを感じて後悔していたけど、同時にまた感謝が大きくなりました。

本当にとても大きな存在です。
ありがとうございます。

明日からの活力。


須賀健太頑張る!!

短いけどまたねん。

↑このページのトップへ