躯中の細胞に火を熾すように
目一杯に空気を吸い込んだ